ホーム >> カードローンの基礎知識 >> カードローンのメリット・デメリット

カードローンのメリット・デメリット

カードローンのメリット・デメリット
急にまとまったお金が必要になったときに手元にお金の用意がなければ、どこかから借りる必要があります。
借り入れ元としては身近な家族や知人が考えられますが、金額次第では頼みづらい場合や、万が一返せないときのトラブルを考えると、あまり有力な借り入れ元とは言えません。そこで検討したいのが、素早い審査と融資で借り入れができる「カードローン」です。
さまざまなトラブルが強調して報じられていることから、利用に不安や抵抗がある人も少ないくないカードローンですが、正しい知識にもとづいて適切な利用をすれば、有用な借り入れ元として期待できます。
今回は、カードローンの仕組みとその概要、利用するメリットとデメリット、返済の負担を大きく左右する利息の計算方法を見てみましょう。

「カードローン」は個人向けの無担保融資の一つ

カードローンとは、銀行や消費者金融、信販会社などの金融機関が提供している、個人向けの無担保融資です。
その特徴として、もっとも大きなものとして無担保・無保証人で申し込みできて、分割で返済できることがあげられます。利用には専用のカード(ローンカード)を発行することから「カードローン」と呼ばれ、お金を借りるという点ではもっとも身近な仕組みの一つです。

限度額の範囲内なら何度でも借り入れ・返済できる

自動車ローンや住宅ローンなどの「目的別ローン」と呼ばれるローンとカードローンの違いとして、担保・保証人の有無の他に、利用方法があります。
一般的に目的別ローンの借り入れは最初の一回に限られ、追加の借り入れを受けるためには、あらためて審査を受ける必要があります。
これに対してカードローンは、審査によって付与される限度額の範囲内であれば自由に借り入れ・返済ができるので、利用の自由度は目的別ローンと比べて格段に大きいと言えます。

限度額は基本的に年収の3分の1

このように利用条件の面では目的別ローンと比べて便利なカードローンですが、借入条件の面ではあまり有利とは言えません。
無担保・無保証人で申し込みできるカードローンは、返済能力を保障するのが申込者の年収だけです。法律により個人が利用できるカードローンの限度額の上限は、年収の3分の1という上限が設けられています。
この上限は「総量規制」と呼ばれる規制であり、消費者金融や信販会社などの「貸金業者」が提供する融資に適用されますが、近年では銀行カードローンも同様の自主規制の導入を進めています。

カードローンとキャッシングの違い

お金を借りる身近な方法としては、カードローンの他にも「キャッシング」が知られています。キャッシングも無担保・無保証人で申し込みできて、限度額の範囲内であれば何度でも利用できるという点ではカードローンと同じような方法です。

キャッシングとカードローンの違いは、サービスの形態と返済方法があげられます。
カードローンは単独で提供されるサービスですが、キャッシングはクレジットカードに付属するサービスであることが一般的です。返済方法を見ると、キャッシングは「翌月一括払い」、カードローンが「リボルビング払い(リボ払い)」であることがほとんど。
カードローンとキャッシングを比べると、印象とは違って大きく異なることがわかります。

カードローンのメリット

お金を借りる身近な手段と言えるカードローンですが、どのようなメリットが期待できるのかを見てみましょう。

追加の借り入れが簡単にできる

カードローンは限度額の範囲内であれば何度でも自由に借り入れ・返済ができるローンです。
追加の借り入れのたびに新たに審査を受ける必要がなく、使いかたの自由度が高いのは、カードローンの大きなメリットと言えます。

さまざまな金融機関で取り扱いがある

カードローンの主流と言えば、一昔前は消費者金融や信販会社などの「貸金業者」でしたが、現在ではその貸付残高を大きく減らしています。貸金業者に代わってカードローンの主流となっているのが、メガバンクや都市銀行、地方銀行などの銀行です。
銀行カードローンは馴染みのある金融機関で手軽に申し込みできる点や有利な借入条件によりひろまり、銀行カードローンの貸付残高は貸金業者のカードローンの貸付残高を上回っています。
このように馴染みのある銀行や歴史のある貸金業者など、利用する選択肢が豊富なのもカードローンの魅力です。

手軽に利用できる

融資枠が設定されれば、カードローン会社の店舗や無人契約機はもちろん、提携金融機関・コンビニATMで24時間いつでも利用できるのも、カードローンの魅力です。
提携金融機関・コンビニATMで全国どこでも必要なときに借り入れができるのは、カードローンの大きな魅力と言えるでしょう。

カードローンのデメリット

便利で手軽なカードローンですが、使いかたによっては思わぬトラブルの原因にもなります。利用するときの注意点を見てみましょう。

返済期間が長引くと利息がかさむ

カードローンは限度額内であれば自由に借り入れ・返済できるため、少し返済が進むとまた借り入れをする悪循環におちいりやすく、いつまでたっても返済が終わらないことも考えられます。
返済期間が長引くほど利息もかさむので、少額の借り入れだったのに気づいたら返しきれない借金になっていた…、という事例も知られています。
CMで言われているように「カードローンの利用は計画的に」する必要があります。

「お金を借りている」意識が希薄化する

銀行やコンビニATMで手軽に利用できるカードローンは、手軽に利用できる分「お金を借りている(借金をしている)」という意識を持つことが難しくなります。
手軽さはメリットですが、無計画な利用を続けていると気づかぬ間に返しきれない借金を背負うことにもなるため、「借金をしている」という意識を持つことが欠かせません。

ローン商品の中でも金利が高い

さまざまな用途に利用できるのはカードローンの魅力ですが、このようなフリーローンは目的別ローンと比べて、金利が高くなる傾向があります。
公表されているカードローンの借入条件を見てみると、需要の多い限度額100万円以下の借入利率は低くても10%程度であり、返済期間が長くなることを考えると、かなりの金利負担になることを覚悟する必要があります。
さらに返済が遅れると、その分のペナルティ(遅延損害金)を支払わなければならないため、更に金利負担が大きくなる可能性もあります。

知っておきたい。簡単な利息の計算方法

カードローンは借入限度額によって利率が変動するため、大雑把な数字であれば「元金×金利×借入期間」で求めることができます。
仮定の借入条件のカードローンを設定して、簡単な利率計算をしてみましょう。

利息計算の例…1ヶ月(30日)と1年(365日)ではどれだけ違う?

例として50万円・年間利率18.0%のカードローンを借りて、1年(365日)で返済するときと1ヶ月(30日)で返済するときの利息を計算してみます。

  • 1カ月で返済した場合
  • 50万円(元金)×18.0%÷365日(年利)×30日(借入期間)=7,397円

※毎月定額を返済していれば、元金が減るため、上記の利息よりは安くなります。

  • 1年で返済した場合
  • 50万円(元金)×18.0%÷365日(年利)×365日(借入期間)=90,000円

※毎月定額を返済していれば、元金が減るため、上記の利息よりは安くなります。
同じ借入条件であっても、借入期間1ヶ月では約7千円、借入期間1年では約9万円と、その金利負担には大きな差が発生します。
毎月きちんと返済をしていても元金が一向に減らないときには、返済金額に占める元本と利息の割合を確認する必要があるかもしれません。

返済トラブルを避けるための「随時返済(繰り上げ返済)」

返済トラブルを避ける効率の良い返済方法として、借入残高の一部もしくは全額を、任意のタイミングで返済する「随時返済(繰り上げ返済)」は見逃せません。
繰り上げ返済のメリットとして、返済金額の全額が元金の返済に充てられるため、約定返済だけの返済よりも早く返済を進めることができる点があげられます。

おわりに

カードローンはその手軽さと利便性の高さがメリットですが、使い方次第ではメリットがデメリットになる危険があります。
安易な利用は思わぬ借金の原因にもなりますが、適切に使えばカードローンは日常生活の資金をやりくりするために有効な手段の1つといえます。
過度に恐れずに適切な利用を心がければ、カードローンは生活を支える有力なお金を借りる選択肢と言えるでしょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP