カードローンのメリット・デメリット

カードローンのメリット・デメリット
 

急な出費のときに頼りになるカードローンですが、実際に申し込み・借り入れをするときにはメリット・デメリットまで考えが及ぶことはあまりありません。

しかし、この2つを知っておくことで、返済時の思わぬトラブルを防ぐ可能性を小さくすることができます。今回は、カードローンのメリット・デメリットがどのようなものかを見てみましょう。

カードローンのメリット

 

資金使途が原則自由

カードローンはさまざまな目的に利用できるフリーローンの一種であり、事業性資金をはじめとする一部の用途を除いて、さまざまな目的にお金を使うことができます。なぜこのようなことができるのでしょうか。

カーローンや住宅ローンなどの「目的別ローン」は、相手先への直接入金などを借入条件にしているため、借り入れたお金が手元にくることはまずありません。

これに対してフリーローンは、借入限度額の範囲内で現金を手にできるので、さまざまな用途にお金を使うことができるのです。また、現金自動預け払い機(ATM)での借り入れ・返済やインターネットでのオンライン振り込みにも対応しているので、事前に申し込み・審査を受けて借入枠を設定しておけば、必要なときにすぐに利用できる手軽さも魅力と言えるでしょう。

 

担保・保証人は原則不要

カーローンや住宅ローンなどの目的別ローンでは、申し込み・審査で担保や保証人が必要ですが、カードローンは無担保・無保証人で申し込み・審査を受けることができます。

ただし、収入のない学生や専業主婦は保護者や配偶者の同意が必要になることがほとんど。また、申し込み条件に一定以上の収入や年齢制限を設けていることが珍しくないので、申し込む前にこれらの条件を確認することがかかせません。

 

さまざまな手段で借り入れ・返済できる

また、カードローン会社の種類を問わず、提携金融機関・コンビニATMでの借り入れ・返済や、インターネットでの口座振込に対応しているなど、比較的手軽に利用できるのも魅力です。

特に最近では、消費者金融カードローンを中心に、申し込みから借り入れ・返済までの手続きがインターネット上で完結する「ウェブ完結申込」に対応したカードローンも増えているなど、さらなる利便性の向上が進んでいます。

カードローンのデメリット

 

目的別ローンに比べて金利負担が高い

無担保・無保証人で申し込みできる手軽さがカードローンの魅力ですが、その反面、目的別ローンと比べると金利負担が高いというデメリットがあります。

これにははじめての申し込みで設定されるカードローンの借入限度額が十万円から数十万円程度と比較的少額であるため、借入限度額に応じて段階的に引き下げられる金利が高止まりしていることも関係しています。実際に数百万円を超えるまとまった借り入れの金利を見てみると、消費者金融カードローンでも10%以下、銀行カードローンでは数%という低金利であることは珍しくありません。

 

負担の大きいリボルビング払い(リボ払い)による返済

消費者金融・銀行を問わず、カードローンは返済方法として借入金額に対して毎月一定金額を返済する「リボルビング払い(リボ払い)」を採用しています。

毎月の返済金額を一定にできるリボ払いは、一見すると返済負担を小さくできる返済方法に見えます。しかし実際には借入金額と返済金額のバランスを把握しにくくなるので完済までに時間がかかり、金利負担が大きくなりがちです。

2003年(平成15年)に法人含む年間件数が約25万2千件とピークを記録した破算は、その後一転して減少していましたが2016年(平成28年)と2017年(平成29年)は2年連続で増加に転じています。その背景には、安易なカードローンの利用による自己破産があると言われています。

おわりに

カードローンはその手軽さと利便性の高さがメリットですが、使い方によってはそのメリットが大きな金銭トラブルの原因となる危険は否定できません。

安易な利用は思わぬ借金の原因にもなりますが、適切に使えばカードローンは日常生活の資金をやりくりするために有効な手段の1つといえます。適切な利用を心がければ、カードローンは生活を支える有力なお金を借りる選択肢と言えるでしょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP