カードローンとキャッシングの違いとは?

カードローンとキャッシングの違いとは?

 

急にお金が必要になったときの選択肢として真っ先にあげられるのが、使い道が自由なフリーローンの一種である「カードローン」と、クレジットカードの付帯サービスの「キャッシング」です。

どちらもカードを使ってお金の借り入れ・返済ができるという点では共通していますが、その内容は実は大きく違うことはあまり意識する機会がありません。そのため、適切な使い分けができずに大きな金銭トラブルの原因になることも少なくありません。

お金が関わる無用なトラブルを避けるためにも、キャッシングとカードローンの違いについて知っておきましょう。

カードローンとキャッシング、それぞれの特徴

 

フリーローンとして提供される「カードローン」

カードローンは銀行や消費者金融などの金融機関が提供する個人向けの無担保ローンであり、さまざまな用途で利用できる「フリーローン」の一種です。

申し込み・審査によって付与される借入限度額の枠内であれば、何度での借り入れ・返済ができて、返済はリボルビング払い(リボ払い)での返済ですが、余裕があるときの随時返済(繰り上げ返済)にも対応しています。

借入限度額は最大で数百万円程度とまとまった借り入れにも対応していて、金利も数%から最大で18%と、借入限度額に応じて引き下げる形で設定されています。

 

カードローンに付属するサービス「キャッシング」

フリーローンの一種であるカードローンに対して、キャッシングはクレジットカードに付属するサービスです。

付属サービスであるキャッシングは、クレジットカード発行時点から利用できますが、付与される限度額は数十万円程度と少額であり、利率も10数%と高く設定されています。また、返済も翌月一括返済を基本とするなど、さまざまな面でカードローンとは異なる借入条件となっています。

カードローンとキャッシングでは何が違う?

 

すぐに借りられるキャッシングと審査が必要なカードローン

キャッシングはクレジットカードに付属するサービスなので、クレジットカードが発行されていれば必要なときにすぐに利用できる一番早いお金の借りかたです。素早い借り入れができる反面、借入条件は数ある個人向け融資の中でももっとも不利なものとなっています。

これに対してカードローンは、申し込み後に年齢や職業、年収を踏まえた審査を経て借入極度額の範囲内で借入限度額が設定されて、その枠内であれば何度でも借り入れ・返済ができます。消費者金融のカードローンを中心に、即日審査・即日融資に対応していることもありますが、キャッシングよりは急場の借り入れには向いていません。

 

借入限度額ではカードローンが圧倒的に有利

金融機関の発行するカードローンは、借入極度額が数百万円から1千万円を超えるものまで、まとまった借り入れにも対応しています。ただし、初回申し込みでいきなりこれだけの金額が借りられるわけではなく、まとまった金額を借り入れるためにはある程度の利用実績を積んだ上で、増枠申請をして審査を通る必要があります。

これに対してキャッシングは借入極度額が数十万円程度と小さく、少額の借り入れに特化しているのが特徴です。

 

キャッシングよりも低金利なカードローン

もう1つの借入条件である金利を比較してみると、やはりカードローンはキャッシングよりも有利であることは珍しくありません。

キャッシングの金利は借入限度額にかかわらずおおむね10数%程度で横並びとなっています。これに対して、カードローンは借入限度額が大きくなるほど引き下げられ、数%から10数%の間で段階的に設定されています。また、消費者金融CLでは借入金額の一部または全部を一定期間利息計算から外す「無利息期間」、銀行CLではほかのサービス利用に応じた利率引き下げなどを提供していることがあります。

ただし、少額の借り入れであればカードローンとキャッシングの金利には大きな違いはないため、借り入れする金額によって適しているほうを選ぶとよいでしょう。

 

10%以上の差がある遅延損害金

毎月の自動引き落としや翌月一括返済により、カードローンやキャッシングの返済忘れによるトラブルが起きる可能性はずいぶんと小さくなっています。しかし、残高不足などにより返済ができなければ、日割りで遅延損害金が発生することがあります。

遅延損害金の割合はカードローンやキャッシングによって異なるものの、カードローンはおおむね14%から18%程度なのに対してキャッシングは30%前後と、10%以上の差があります。

そもそも返済トラブルを起こさないことが大前提ですが、万が一何らかの理由で返済ができない状況におちいったときを考えると、カードローンでの借り入れが有利と言えそうです。

 

すぐに使えるキャッシング、比較的素早いカードローン

クレジットカードの付帯サービスという制約から、カードローンと比べてあまりいいところのないキャッシングですが、クレジットカードの発行が完了した時点で利用できるため、即時性という点ではカードローンに比べて有利と言えます。

これに対してカードローンは、即日審査・即日融資に対応しているカードローンが審査の厳格化により消費者金融カードローンに絞られただけではなく、即日審査・即日融資対応のカードローンでも平日日中の申し込みでなければその日のうちに借り入れができないなどの制約があります。

総発行枚数が2億7千万枚(2017年3月時点)を超え、1人に2枚以上持っている計算になるクレジットカードの付帯サービスであるキャッシングは、急な出費のときのつなぎとしてカードローンよりも役立つことが期待できます。

おわりに

カードローンとキャッシングの違いとは、限度額や金利といった借入条件や、即時性に代表される利便性の違いもあります。また、限度額や金利といった借入条件ではカードローンはキャッシングに比べて有利ですが、即時性の点ではキャッシングに比べて劣ります。

金額にもよりますが、多少の時間がかかってもまとまった借り入れが必要ならばカードローン、素早く少額の借り入れならキャッシングの利用を検討するのがベターと言えます。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP