ホーム >> カードローンの基礎知識 >> カードローンの金利・利息計算方法と利用のポイント

カードローンの金利・利息計算方法と利用のポイント

カードローンの金利・利息計算方法と利用のポイント

 

給料日まであと数日なのに手元に現金がまったくないときや、少し高額な商品を緊急購入したいとき、すぐお金を借りることができるカードローンは、非常に便利な現金調達方法です。

しかも通常のローンのように煩雑な手続きを必要としません。しかし、カードローンに限らず各種ローンを利用したとき、そこには「利息(利子)」が発生します。借りた元金にその利息を付けて返済することになります。

いくら借りたらいくら返さなければならないのか、計算が難しそうですがそんなことはありません。金利がわかれば簡単に計算できます。そこでここでは、利息の計算方法について紹介します。

また、金利が低いだけでは総返済額は少なくなりませんので、利息を少なくするための留意事項についても紹介します。

 

金利と利息

金利とは、元金に対する利息の比率のことです。カードローンでは借りた金額が元金になります。元金が10万円で、金利が18%の場合、利息計算式は、元金X金利になりますので、100,000 X 0.18=18,000円です。

しかし、この計算式ですと、1日だけ借りても1年間借りても利息は同じ金額です。これでは長期間借りたほうが得になってしまいます。そのようなことがないように、「金利」には「一定の期間」がセットになっています。

「一定の期間」は、日あるいは月、年が一般的です。カードローンでは1年間の金利で表記することが義務付けられていますので、「年率xx%」という表記が使われます。

 

利息計算式

カードローンの利息額は、利用した日数分だけ計算するいわゆる日割り計算ですが、返済は月1回が通常です。そこで、はじめに月ごとの利息の計算式を紹介しましょう。ただし、この計算式は、概略額を簡単に出すための計算式だということを頭に入れておいてください。

 

利息金額=利用(借入)金額X年率÷12(月)

 

これが、1月当たりの利息計算式です。この式を使って、一般的な金利18%で10万円借り入れる場合を計算すると、次のようになります。

 

100,000X0.18÷12=1,500円

 

たとえば、毎月の返済額を2万円としたとき、最初の月の利息が1,500円なので、元金返済充当分は20,000-1,500=18,500円になります。すると次の月の元金は8,1500円になりますので、その利息として1,222円…、と簡単に計算できます。

 

もっと正確に計算するためには、1日当たりの利息(日割り)を知る必要があります。なぜなら、1月の日数は20 (29)、30、31日と月によって異なるからです。

 

利息金額=利用(借入)金額X年率÷365(うるう年は366)(日)

 

同じように、金利18%で10万円借り入れる場合を計算してみます。

 

10,000x0.18÷365=49円

 

1日あたり49円です。30日分にしても、49x30=1,470円です。安いといえば安いですね。

 

金利が安いローンを選ぶ

当然ですが、金利が0.1%でも安い会社を選びましょう。

法律によって借入金額に対する最高利率は決められていますので、金利はxx%~xx%という表記になっています。

しかし、会社ごとに金利は異なります。借入金額が低いと金利は高く、借入金額が高いと金利は低くなりますし、銀行系ローン会社は消費者金融系ローン会社より低いです。

金利が低い例として、住信SBIネット銀行は2.49%~7.99%と、アコムの15%~18%に比較すると非常に安いです。10万円の場合、7.99%(666円/月)と18%(1,500円/月)と大幅に異なります。

銀行系カードローンは消費者金融系より申し込み時の審査基準が高いことが難点ですが、カードローン会社を選ぶ際には、まず銀行系カードローンに申し込むことをおすすめします。さまざまな理由(といっても明らかにしてくれませんが)によって審査が通らなかったときに、消費者金融系でのローンを考えましょう。

 

いろいろな特典を利用する

カードローン会社によってさまざまな特典・サービスを用意していますので、それらを利用するのが賢い借り方です。

住宅ローンを利用している人

銀行系ローン会社ですと、その会社の住宅ローンを利用しているとカードローンの利率がさらに低くなるなどの特典を用意している場合があります。他銀行の住宅ローンを利用していて、かつカードローンの利用機会が多い人は、十分検討の余地があるでしょう。

特定の目的を前提としている

カードローンは住宅ローンや自動車ローンと違って使用目的を選びません。そのため金利が高めに設定されています。しかし、教育資金や結婚資金など使い道が決まっている場合には金利の低いローンを用意しているカードローン会社がありますので、それを利用するのもよいでしょう。ただし、申し込みが若干面倒だったり、返済方法が口座振替に限られたりなど、ややきつめの条件がついてまわります。

無利息サービスを利用する

いくつかの会社が無利息サービスを実施していますので、それを利用するのも検討してください。たとえば、30日間無利息サービスならば、その期間はいっさい利息が発生しません。30日以内に必ず返済できるという人にはうってつけのサービスです。

ただし、返済が終了していない(借入残高ゼロ)でないとサービスを受けることができないなどの条件がありますので、カードローン会社に確認する必要があります。

 

返済総額を抑えるためには

返済期間を短くする

利息は利用日数分だけかかりますので、借入期間が短ければ短いほど利息は少なくなります。

返済方法を比較する

所定の回数で返済する方法と、一定の金額を返済する方法を比較してみます。

アコムのWebページにある返済シミュレーションを使って、金利18%、10万円の借り入れで、6か月で返済する場合の返済方法の違いによる返済総額の差をシミュレーションした結果は次のようになりました。

  • 返済回数を6回に指定したときの返済総額(累計)は、105,235円(毎月約17,550円)
  • 毎月2万円返済するときの返済総額(累計)は、104,682円(最終月は約4,700円)

差は553円になります。「たったの550円」などと考えてはいけません。借入金が100万円だと、10倍の5,500円にもなります。月づきの返済金額も考えながら、どのような返済方法にするのか決めてください。

ミニマムペイント(最小返済額)に注意する

会社によってミニマムペイントの設定額が異なります。返済を楽にしようと考え、最小返済額だけの返済計画だと、借入期間が非常に長くなるとともに、総返済額が非常に多くなってしまいます。最小返済額だけの場合には、余裕があるときに繰り上げ返済を行うか、ボーナス併用払いがあるカードローンならばそれを使って元金を減らすことを検討してください。

返済時に手数料がかからない

ATMやインターネット、来店など、さまざまな返済方法が用意されています。しかし、中には手数料を必要とする返済方法がありますので注意しましょう。

 

おわりに

ここで紹介したように、金利の計算は比較的簡単ですし、手計算をしなくても返済シミュレーションソフトを使えば瞬時に詳細な返済計画表が得られます。

また、本文で紹介した各種特典やサービスを利用すると金利がさらに低くなりますので、詳細な調査をしてから借り入れするカードローン会社を選んでください。

しかし、一番重要なのは返済期限を必ず守ることです。1日でも返済が遅れれば、20%もの延滞遅延利息がかかってしまうからです。しかも、延滞を繰り返してしまうと「事故情報」、いわゆるブラックリストに載ってしまい、のちのちの新規借り入れに支障をきたしてしまいます。それを防ぐためには、ゆとりを持った返済計画を立てることが重要です。したがって、「いくら借りるのか」ではなく、「無理なく返せるのはこれだけ」、を前提に借り入れ金額を決めてください。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP