カードローンとは?カードローンの仕組み

カードローンとは?カードローンの仕組み

 

カードローンとは、銀行や消費者金融などの金融機関が提供する、無担保で借り入れできるフリーローンの一種です。住宅ローンやカーローンといった目的別ローンや、クレジットカードのキャッシングとは何が違うのでしょうか?ここではカードローンの基本について解説します。

カードローンの基礎知識

 

フリーローンの一種であるカードローン

ローンには使い道が限定された「目的別ローン」と、さまざまな用途に利用できる「フリーローン」の2つがあり、カードローンはこのうちフリーローンに分類されます。

申し込み時の審査時点での年齢や職業、収入によって借入限度額が決まり、限度額の範囲内であれば何度でも自由に借り入れ・返済できるのがカードローンの最大の特徴です。借り入れ・返済には専用のローンカードを利用しますが、最近では申し込みから借り入れ・返済までの一連の手続きをインターネット上で済ませる「ウェブ完結申込」に対応しているカードローンも登場しています。

 

無担保・無保証人で利用できる

カードローンの特徴として、保証会社が保証業務を担当するため、無担保・無保証人で申し込みできることがあげられます。手軽に申し込みできる反面、申し込んだ金融機関と保証会社の審査を受ける必要があるなどのデメリットがあります。

 

返済方法は「リボルビング払い(リボ払い)」

カードローンの返済方法は、元本と利息を合わせた借入残高に対して指定日に一定金額を返済する「リボルビング払い(リボ払い)」が基本ですが、任意のタイミングで現金自動預け払い機(ATM)やインターネットバンキングで返済する随時返済(繰り上げ返済)にも対応しています。

リボ払いでの返済は元本と利息の返済にそれぞれ充てられるため、返済金額によっては返済が進まないこともありますが、繰り上げ返済は全額が元本の返済に充てられるため、より早く完済することができます。

カードローンの種類

 

銀行カードローン

銀行が提供する銀行カードローンは、大きな借入限度額と返済負担を軽くできる低い借入利率が魅力のカードローンです。銀行のほかのサービス利用に応じて数%の利率引き下げを提供していることもあるなど、まとまった借り入れを考えるときの魅力的な選択肢と言えます。

貸金業法に定める総量規制の対象外となるので、まとまった借り入れに向いているカードローンと言われていましたが、2018年(平成30年)1月から総量規制に準じた自主規制が順次導入されるなど、以前のように余裕のある借り入れは難しくなりつつあります。

 

消費者金融・信販カードローン

消費者金融・信販カードローンとは、消費者金融会社や信販会社が提供しているカードローンです。インターネットや電話、無人契約機などで手軽に申し込みができて、申し込みから借り入れまで最短即日という素早さが魅力です。

その反面、借入限度額が小さく利率も高く設定されているので、まとまった借り入れには向いていないカードローンです。一部のカードローンでは借り入れ金額の一部または全部に対して無利息期間を設定していますが、少額・短期の借り入れに向いているカードローンと言えます。

 

カードローンの返済方法

 

返済の基本は「リボルビング払い(リボ払い)」

カードローンの返済方法としては、借り入れ元本と利息を合わせた「借入残高」に対して、あらかじめ指定した一定額を毎月指定日に返済する「リボルビング払い(リボ払い)」が採用されています。

 

元本と利息の扱いによっていくつかの種類がある

借入残高に対して毎月一定額を返済するリボ払いですが、返済金額の決定方法によって、いくつかの種類があります。

主なものとしては、毎月の返済金額を借入残高に対して一定率を返済する「定率方式」や借入残高に対して一定額を返済する「定額方式」、借入残高に応じて返済金額が決定する「残高スライド方式」などがあります。

 

返済を進めるためには「随時返済(繰り上げ返済)」が必須

このようにカードローンの返済方法としてはリボ払いが基本となりますが、借入残高と毎月の返済金額によっては、リボ払いだけでは返済が進まないことも珍しくありません。そのため、より早く返済を進めるためには随時返済(繰り上げ返済)も活用する必要があります。

繰り上げ返済のメリットとして、リボ払いは返済金額が元金と利息の返済に充てられるのに対して、繰り上げ返済は全額が元金の返済に充てられるため、利息負担を抑えてより早く返済を進められることがあげられます。

おわりに

気軽に、そして簡単に融資が受けられることで人気のカードローンは、上手に利用すればいざというときの心強い味方となります。しかし、借金という自覚を持たないまま借入を繰り返してしまい、気付いたときには高額の債務を負っていた、ということも少なからずあるため、カードローンは借金であるという認識を持ち、計画的に利用することが欠かせません。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP