ホーム >> カードローンの基礎知識 >> カードローンとは?カードローンの仕組み

カードローンとは?カードローンの仕組み

カードローンとは?カードローンの仕組み

 

カードローンとは、クレジットカードやキャッシュカードを使って、決められた限度額内であれば自由に借入・返済が繰り返せる個人向け融資のことです。気軽に少額から借りられることや、テレビCMや雑誌などで盛んに宣伝されていることから、人気を集めてきています。

安心して、自由に借入と返済ができるその気軽さは、ローンという行為そのものを身近な存在に変えました。

しかし身近とはいえ利用する場合は、よく検討してから利用したいところです。借入を検討する前に、正しいカードローンの基礎知識を身につけましょう。

 

カードローンの基礎知識

カードローンの基礎知識

そもそもローンには、大きく分けて「目的ローン」と「フリーローン」の2種類があります。目的ローンとは、住宅ローンや自動車ローンなど目的が決められているローンのことを、フリーローンとは、逆に自由に何にでも使えるローンのことをいいます。

カードローンはフリーローンに属しており、その中でも比較的少額の個人向け融資となります。

申し込み時の審査によって、年収や年齢などの情報から限度額が決められており、その限度額内であれば何度でも自由に借入・返済ができるのが大きな特徴です。審査が下りると専用のカードが発行されます。借入・返済はこのカードを使って主にATMから行うことができます。

保証人や担保は不要ですが、代わりに保証会社が保証をしてくれる仕組みとなっているため、申し込み時には保証会社と金融機関の両方からの審査が行われます。

返済方法は概ねどこの会社も「残高スライド定額リボルビング方式」、俗にいうリボ払いが主流となっています。

 

カードローンの種類

まず、カードローンを取り扱っている金融機関は、適用される法律によって2つに分類されます。銀行法と貸金業法です。

貸金業法では限度額に「総量規制」という制限があり、年収の3分の1を超える融資はできなくなっています。一方、銀行法にはそのような制限はないため、法律上では上限なく融資を申し込むことが可能です。

一見すると銀行法の方が自由に借入できるように思われますが、現実的には、銀行法で管理されている金融機関は総じて融資の際の審査が厳しく、誰もが融資を受けられるというわけではありません。

逆に、貸金業法で管理されている金融機関では、総量規制の制限があるためか審査基準が低く設定されていることが多いようです。

また、法律の適用以外にも、金融機関の種類によってカードローンを分類することができます。上で紹介した銀行法と貸金業法の適用範囲とともに、カードローンの種類をみていきましょう。

 

銀行系カードローン

銀行系カードローン

銀行やその子会社が運営しているカードローンのことで、銀行法が適用されます。

申し込みの際は銀行の窓口で行うことはもちろん、パンフレットなどについている用紙に必要事項を記入して郵送したり、電話、インターネットなどでも申し込むことができます。返済は指定の銀行やコンビニのATMで行います。

銀行系カードローンで特筆すべきは金利の低さです。他のカードローンが最大18.0%程度なのに対し、銀行系カードローンは最大14.5%程度の金利で融資を受けることができます。

また、銀行は総量規制の制限を受けないため、融資の上限に縛りがなく、高額の融資も受けることが可能です。しかしその分、審査が厳しく、多くの時間がかかる傾向があります。審査結果を待っていたのに結局融資が受けられなかった、ということもあるため、誰でも即日で融資を受けられる、というような気軽さはあまりありません。

 

消費者金融系カードローン

消費者金融系カードローン

カードローンといえばこれを思い浮かべる人も多いかもしれません。消費者金融系のカードローンはその名の通り、消費者金融が提供しているカードローンで、貸金業法が適用されます。

申し込みはインターネットや電話、金融機関の実店舗、無人の契約ルームなどで行うことができます。返済は、口座振替や銀行振込、コンビニや各企業の提携ATMなどから自由に選択することが可能です。

銀行系とは異なり、申し込み当日に審査、融資が受けられるスピード性と、審査基準が低く定期収入があれば比較的誰でも融資が受けられる気軽さが特徴です。一方金利は高めであり、また、融資額に上限が定められているため少額の融資しか受けられません。高額の借入が必要で、長期に渡って返済を行いたい場合には向いていないといえるでしょう。

 

信販系カードローン

信販系カードローン

信販系カードローンは、クレジットカード会社が運営しているカードローンのことで、貸金業法に従って融資を行います。
日常的に使用しているクレジットカードという安心感があるため、消費者金融に抵抗のある人でも利用しやすく、また銀行系カードローンよりも審査は通りやすい傾向にあります。

クレジットカード系の何よりの利点は、すでに持っているクレジットカードにカードローン機能があれば、新たに口座を開設したり審査をしたりする必要なくそのまま融資が受けられる点です。また、クレジットカードを利用して海外からでも融資が受けられるのも魅力でしょう。融資を受けることによって、クレジットカード機能と同様の特典やポイントが付くところもあります。
しかし、金利については提供する会社により幅があり、銀行系より少し高い程度のところから消費者金融系よりもはるかに高いところもあるため、申し込みの前にしっかり確認する必要があるでしょう。

 

IT系カードローン

IT系カードローン

家にいながら融資を受けられるのがIT系カードローンです。IT関連企業が母体の金融会社が運営しており、こちらも貸金業法に従っています。
カードローンとしていますが、実際はカードレスのキャッシングサービスで、また実店舗もありません。そのためどこかに出向く必要は一切なく、申し込みから審査、借入、返済まですべてインターネット上で行うことが可能です。周りの目を気にすることなく融資が受けられるのは大きな魅力でしょう。比較的審査も通りやすく、学生や主婦などでも融資を受けられる傾向にあります。
また、店舗や人件費にコストがかからないため、金利も低めに設定されているものが多く、企業によっては銀行系よりも低金利で融資を受けられるものまで存在します。

 

返済方法

返済方法はリボ払いが主流です。リボ払いとは、月の返済額を自分で設定し、いくら借りたとしても設定した金額を毎月払い続けていく、という返済方法です。
よく似た方式に分割払いがありますが、分割払いでは、10万円の5回払いであれば、2万円/月×5回払い、100万円の5回払いであれば20万円/月×5回払い、と月の返済額が借りた額に応じて変動するのに対し、リボ払いでは、月に5万円返済と設定すれば、10万円借りようと100万円借りようと、月に5万円ずつ元本がなくなるまで返済していくことになります。
リボ払いは月の返済額が変動せず、また自分で無理のない返済額を設定できるため、管理がしやすいという利点があります。しかしその反面、支払いが長期に渡る傾向にあり、金利ばかり払い続けて返済がなかなか終わらないこともあります。
余裕のある月に多く返済したり、返済予定日以外に臨時返済したりすることもできますので、お金のあるときにまとめて返済するとよいでしょう。

おわりに

気軽に、そして簡単に融資が受けられることで人気のカードローンは、上手に利用すればいざというときの心強い味方となります。しかし、簡単にATMからお金を引き出すことができるため、借金という自覚を持たないまま借入を繰り返してしまい、気付いたときには高額の債務を負っていた、ということも少なからずあるようです。
一度返済が滞ってしまうと、保証会社から一括返済を要求されたり、将来の融資に影響を与えることもあります。カードローンは借金である、という自覚を持って、事前にしっかりと返済計画を立てることが大切です。
そして「必要なときに必要な分だけ借りる」、「返済が終わるまで次の融資は受けない」、など自分の中でルールを作り、計画的に利用していくことを心がけましょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP