与信審査のブラック・ホワイト・スーパーホワイトとは?

与信審査のブラック・ホワイト・スーパーホワイトとは?

メガバンクから地方銀行がサービスを提供するほど身近になったカードローンですが、申し込みから利用の間には問題ない返済が期待できるかを判断する「審査」があります。
この審査結果を左右するのが過去の利用履歴を記録した「個人信用情報」であり、その状態の表現として「ブラック」と「ホワイト」、「スーパーホワイト」が知られています。それぞれどのような状態を指すのでしょうか。個人信用情報の概要と合わせて、これらが表すものを見てみましょう。

個人の利用履歴を記録した「個人信用情報」

個人信用情報とは、クレジットカードやカードローンの申し込み・契約に関する情報のことで、客観的な取引事実(利用履歴)を登録した個人情報の一種です。
クレジット会社やカードローン会社が顧客の「信用」を判断する参考資料であるため、個人情報のうち、判断に影響しない人種や思想、保健医療、犯罪歴などは対象外となります。
個人信用情報として収集される信用情報の種類は、

  • 新規申し込みにおける支払い能力を調査するため、加盟会員が照会した事実を表す「申し込み情報」
  • 加盟会員と締結した契約の内容や支払い状況を表す「クレジット情報」
  • 利用途上における支払い能力を調査するなどのため、加盟会員が照会した事実を表す「利用記録」

などがあります。

個人信用情報はどう利用される?

個人信用情報は、加盟会員による消費者の支払い能力・返済能力を調査するための判断材料などとして、「与信判断」や「与信管理」、「消費者対応」などの場面で利用されます。
なお、個人信用情報をここにあげるような目的以外に転用することは、割賦販売法や貸金業法などの法律で「信用情報を返済能力・返済能力等調査以外の目的に使用し、若しくは第三者に提供をしてはならない」として禁じられています。
もっとも重要な「与信判断」は、申込者の返済能力などに基づき、融資の可否を判断することであり、期限などの条件や、上限枠の設定なども含みます。新規にクレジットやローンの申し込みを受けた状況です。
「与信管理」には、信用基準の見直しや過剰与信のチェックなど、顧客の与信の状況を管理することをいい、消費者との契約後に与信枠の見直しや信用状況の確認などを指します。
「消費者対応」としては、登録した情報に関して消費者本人から問い合わせがあり、情報内容を確認することです。
また、調査依頼やモニタリングへの対応、または加盟会員による登録更新結果の確認のために、登録した信用情報の内容を確認する必要があるときにも個人信用情報は活用されます。

与信審査のブラック・ホワイト・スーパーホワイトとは?

カードローンやクレジットカードの審査を左右する個人信用情報には、その状況を表す言葉として一般に「ブラック」や「ホワイト」という言葉が知られています。それぞれどのような状態を指す言葉なのでしょうか。

個人信用情報に何らかの問題の記録がある「ブラック」

一般的に「ブラック」と呼ばれる状態は、個人信用情報の利用履歴に延滞や代位弁済、自己破産などのトラブルがあったことという「事故情報」が記録されている状態です。
事故情報が記録されている間は、どのような用途であってもカードローンやクレジットカードに新たに申し込みをしても審査を通ることはほとんど不可能となります。

個人信用情報に問題がなくなった「ホワイト」

いわゆる「ブラック」は永久に保存されるものではなく、一定期間がたてば更新されるため、事故情報が抹消された状態のことを言います。
ホワイトになれば審査が通らないことは仕組みの上ではなくなるはずですが、数年から十年という長期間に渡って一切の利用履歴がないため、審査の段階でそれ以前の利用にトラブルがあったと容易に推測できるため、いきなりカードローンやクレジットカードを申し込んでも審査が通る可能性はあまり大きくありません。

問題がなさすぎて問題?「スーパーホワイト」

このようなホワイトの類似例として注目されているのが、「スーパーホワイト」です。
スーパーホワイトとは、過去に一切の利用履歴がなく、実際には返済能力などに問題はないのに信用情報の上でホワイトと同様に扱われる状態です。
全ての支払いを現金と銀行口座だけで完結させるいわゆる「現金主義」の人や、カードローンやクレジットカードを持ったことがスーパーホワイトになりやすいと言われています。

ホワイト・スーパーホワイトからどう回復する?

「ブラック」から明けたホワイトや、一切の借り入れがないことで生じるスーパーホワイトは、そのままでは新たなカードローンやクレジットカードの申し込みに通ることは期待できません。ホワイトやスーパーホワイトから回復するためにはどのような方法があるのでしょうか。
もっとも手軽な方法は、スマホを分割払いで新規契約することです。
分割払いの新規契約は「割賦販売」と呼ばれ、法律上では通常の分割払いとは異なる扱いとなります。そのため、個人信用情報に利用履歴が記録され、ホワイト・スーパーホワイトから回復することができるのです。

おわりに

このように一口にブラックやホワイト、スーパーホワイトと言っても、その背景には複雑な仕組みがあり、審査落ちを避けるためにはこれらの違いをキチンと把握しておく必要があります。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP