ホーム >> 自動融資に対応しているカードローンの特徴と使う時の注意点

自動融資に対応しているカードローンの特徴と使う時の注意点

返済用の口座が残高不足の時に役立つ!カードローンの自動融資とは

銀行カードローンは大きな借入限度額と低い利率による借入条件が魅力ですが、その魅力をさらにサポートする仕組みとして「自動融資」があります。
今回は、銀行カードローンに特有の仕組みである自動融資の仕組みと利用するときの注意点を見てみましょう。

カードローンの自動融資とは?

そもそも、カードローンの自動融資とはどのような仕組みでしょうか。
自動融資とは、口座引落のときに口座残高が不足したときに、借入限度額の範囲内で不足分をカードローンの借り入れとして処理する仕組みです。自動融資は銀行カードローン独自の仕組みであり、限られた銀行カードローンしか提供していません。
自動融資で借り入れがある状態で残高確認や通帳記帳をするとマイナス残高となり、口座に入金すると全額が全額自動融資の返済に充てられます。
自動融資を受けるためには、「口座開設とカードローンの申し込み・審査が完了していること」や、「公共料金やクレジットカードの口座引落設定が完了していること」が必要となります。

自動融資を使うときの注意点とは

自動融資を実際に利用するときには、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。自動融資を使うときのポイントを見てみましょう。

自動融資もカードローンの借り入れのうち

もっとも忘れてはいけないのが、「自動融資もカードローンの借り入れのうち」という点です。
自動融資での借入条件は、通常のカードローンの借入条件と同じであり、気軽に自動融資を使っていると予想外の借入残高になる可能性もあります。
自動融資もカードローンの借り入れであることを肝に銘じて、できるだけ速やかな返済をするように注意しましょう。

口座引落の対象を指定できない

自動融資は預金口座を指定すれば、口座残高がゼロの時点で適用され、それ以降の全ての口座引落が自動融資の対象となります。
「クレジットカードの口座引落のみ自動融資を適用する」といった、自動融資を適用する口座引落を指定することはできません。仮に特定の口座引落だけを対象とするなら、対象とする口座引落専用の口座を開設して、自動融資を設定する必要があります。

対象外となる口座引落も存在する

意外と見落としがちな点として、自動融資の対象外となる口座引落がかなり存在することがあげられます。
対象外となる口座引落は、

  • 定期預金などの金融商品の積み立て
  • 一部キャッシュカードやデビットカードの口座引落
  • 自動融資の設定をしているカードローンの返済

などがあります。

自動融資に対応しているカードローンとその特徴

銀行カードローンはその多くが自動融資に対応していますが、今回は主なメガバンクに絞ってその内容を見てみましょう。

 借入限度額実質年率(利率)対象外となる引き落とし
三井住友銀行カードローン(三井住友銀行)アイキャッチ
三井住友銀行カードローン
(三井住友銀行)
10万円~800万円4.0%~14.5%カードローンの毎月の返済、約定返済日当日の日中に発生する口座振替、返済用預金口座から支払可能残高を超える預金の引き出し、返済用預金口座から積立定期へ自動振替する等の預金間のお振替、投信自動積立による自動引き落とし
みずほ銀行カードローン
(みずほ銀行)
800万円2.0%~14.0%預金の払い戻しやカードローンの返済

マイカード プラス
(三菱東京UFJ銀行)

30万円~100万円変動金利制ATMや窓口での預金の払い戻し、「マイカード プラス」の約定返済、カードローン「バンクイック」の約定返済、自動つみたて定期預金への自動振替等のお振り替え、デビットカードサービス、定額自動送金サービス、リアルタイム口座振替サービス、その他当行所定のお取引

ネットキャッシング
(ジャパンネット銀行)

1,000万円2.5%~18.0%口座自動振替における公営競技インターネット投票サービスの入金指示取引(テレボート、全国競輪施行者協議会、日本中央競馬会、南関東4競馬(SPAT4)、オッズパーク・D-netネットバンク電話投票、オートレース振興協会
日本トーター)、海外ATMでの現地通貨引出し

おわりに

カードローンの自動融資は口座残高を自動で補てんする便利な仕組みですが、その便利さからどうしても借り入れをしているという意識は薄くなりがちです。
自動融資を設定するときには、その手軽さに流されずに通常のカードローンの借り入れよりも計画性をもった返済を心がけましょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP