借入条件が魅力。銀行カードローンの特徴を徹底紹介

低利率と高限度額が魅力。銀行カードローンの特徴とは?

消費者金融や信販(クレジットカード)会社など貸金業者が中心となって提供されていたカードローンですが、近年では魅力的な借り入れ条件などを武器に銀行の提供するカードローンが貸付残高を急速に伸ばしています。
魅力的な借り入れ条件が銀行カードローンですが、実際の利用ではどのようなメリット・デメリットがあるのかを見てみましょう。

さまざまな点で魅力的な銀行カードローンの特徴

スタッフ

銀行カードローンは、貸金業者のカードローンと比べると有利な借り入れ条件により急速に貸付残高を拡大し、現在では個人向けカードローンの貸付残高の半分以上を占めるまでに成長しました。その魅力を詳しく見てみましょう。

大きな限度額と低い利率

銀行カードローンの最大の魅力が、消費者金融カードローンや信販会社カードローンなどの貸金業者のカードローンと比べると借入限度額が大きく、より有利な借り入れ条件と言えます。
貸金業者のカードローンは限度額最大数百万円程度、実質年率も18%を上限としているのに対して、銀行カードローンは限度額最大1千万円、実質年率10%台前半という借り入れ条件が珍しくなく、大きな金額が必要なときにより小さい負担で利用できるのが特徴です。

「総量規制」の対象から外れる

借り入れ条件以外の銀行カードローンのポイントとして、総量規制の対象外であるため、借り入れできる金額に比較的余裕がある点もあげられます。
総量規制とは貸金業法の定める貸し出し規制であり、消費者金融カードローンや信販カードローンからの借り入れをするときの借入金額が、年収の3分の1を超える貸し付けを禁じる規制です。

残高不足のときに頼れる「自動融資機能」

銀行カードローンにあって貸金業者のカードローンにない機能が、「自動融資機能」です。
自動融資機能はその名前の通り、公共料金やクレジットカード引き落としなど、万が一口座引落時に残高不足となったときに、カードローンの融資枠内から自動で融資をする機能です。
この他に類似する機能として、口座から預金を引き出すときに自動で貸し出す「自動貸越」と呼ばれる機能もあります。

知っておきたい銀行カードローンの注意点

カードローンの比較ポイント

このようにさまざまな点で魅力的な銀行カードローンですが、実際の利用にあたってはいくつかの点に気をつける必要があります。

貸金業者のカードローンと比べると審査が厳しい

借り入れ条件では貸金業者カードローンと比べて魅力的な銀行カードローンは、それだけ審査が厳しくなっています。
一般的に銀行カードローンは貸金業者のカードローンと比べると審査に時間がかかり、即日審査・即日融資対応のカードローンは限られています。
審査内容を比べても、比較的厳格な審査をおこなう銀行カードローンは、申し込み内容そのままで借りられることは珍しいと言われています。

銀行サービスとの結び付きが強い

銀行の提供するサービスである銀行カードローンは、各種サービスの利用に応じて利率引き下げに対応するなど、より魅力的なサービスを提供しています。
しかし、カードローンによっては口座開設や居住地や勤務地が申込銀行の営業地域内であることを求められるなど、銀行サービスとの結び付きを強く求められるのはデメリットと言えます。

主な銀行カードローンのサービス概要と特徴

このような特徴がある銀行カードローンですが、その収益性の高さから、現在ではメガバンクから地方銀行までほとんどの銀行でさまざまな内容の銀行カードローンが提供されています。中でもよく知られているカードローンのサービス、特徴を三つ見てみましょう。

みずほ銀行カードローン(みずほ銀行)

「みずほ銀行カードローン」は、ウェブ完結申込対応で手軽に申し込み・借り入れできるのが特徴のカードローン。
限度額最大800万円、実質年率4.5%から14.0%のこのカードローンは、みずほ銀行のサービス利用に応じた利率引き下げをはじめ、さまざまなサービスも魅力です。

三井住友銀行カードローン(三井住友銀行)

限度額最大800万円、実質年率4.0%から14.5%の三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、契約までの手続きがWEBで完結が可能。素早い審査・融資に対応しているのが魅力のカードローンです。
見逃せないポイントは、さまざまな返済方法や選べる返済日など、返済の自由度の高さ。特に返済日は毎月5日・15日・25日・月末と給与振込日前後に設定されているので、余裕のある返済の大きな助けになるといえるでしょう。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」(三菱UFJ銀行)

カードローン「バンクイック」は、三菱UFJ銀行の提供する最短即日審査・即日融資対応が魅力のカードローンです。
借り入れ条件は限度額最大500万円、実質年率1.8%から14.6%と銀行カードローンとしては控えめですが、店舗設置のテレビ窓口なら最短40分で審査・カード発行まで済むので、すぐに利用できるのは見逃せないポイントです。

 借入限度額
(円)
最小実質年率(%)最大実質年率(%)
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」アイキャッチ
バンクイック
(三菱UFJ銀行)
5,000,0001.8014.60
三井住友銀行カードローン(三井住友銀行)アイキャッチ
三井住友銀行カードローン
(三井住友銀行)
8,000,0004.0014.50
みずほ銀行カードローン
(みずほ銀行)
8,000,0002.0014.00

おわりに

ここまで見てきたように、銀行カードローンには貸金業者カードローンにはない特徴があり、メリット・デメリットも大きく異なります。
銀行カードローンに申し込むときには、メリット・デメリットの双方を把握した上で利用することが欠かせないと言えるでしょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP