借りる前に知っておきたい。カードローンの返済方法の違いとは

借りる前に知っておきたい。カードローンの返済方法の違いとは

手軽にお金を用意する方法として知られるカードローンですが、無担保・無保証人で申し込みができる手軽さ以外にも、毎月の返済金額を低く抑える返済方法を導入していることも魅力です。
しかし、その仕組みを把握していないと、後々に大きく影響する金銭トラブルの原因になることも珍しくありません。
今回は、カードローンの返済方法として導入されている「リボルビング払い(リボ払い)」の仕組みと、その細かい違いを見てみましょう。

カードローンの返済方法の基本「リボルビング払い(リボ払い)」

借入残高に対して一定金額を返済するリボ払い

リボルビング払い(リボ払い)とは、借り入れたお金とそのお金に発生する利息をあわせた「借入残高」に対して、一定金額を毎月指定日に返済する返済方式です。
リボ払いで毎月支払う返済義務額は「最小支払額(ミニマムペイメント)」と呼ばれますが、返済方法の1つである「残高スライド方式」をミニマムペイメント方式とすることもあります。

分割払いとリボ払いでは何が違う?

リボ払いと似た返済方法として、利用時に返済回数を指定してその回数によって1回ごとの返済金額が決まる「分割払い」があります。
リボ払いと分割払いの違いとして、分割払いは利用ごとに別の契約として扱われるので利用ごとの返済条件を指定できるのに対して、リボ払いは全ての利用をまとめて借入残高として扱うため、利用時点では返済条件を指定しない点があげられます。この違いにより、分割払いに対応していないカードローンなどの契約でも、返済を分割することができるのです。

リボ払いの問題点とは

毎月の返済金額を一定金額に抑えられることから返済方法として普及しているリボ払いですが、借入残高に対して返済金額が一定であるため、無目的な借り入れをしがちであることや、返済期間が長引くほど借入残高に占める利息の割合が急増するといった問題点が指摘されています。
実際に借入残高に対して返済金額が少なすぎると、返済のほとんどが利息の返済に充てられて元本の返済が進まず、多重債務から債務整理や自己破産に至った例は少なくありません。

リボルビング払いの種類

借入残高に対して一定額を返済する「定額方式」

リボ払いのうち、借入残高に対して一定金額の返済を進めるのが「定額方式」です。一定の返済金額の中に利息を含めるかどうかで「元利定額リボルビング方式」と「元金定額リボルビング方式」の2つの返済方法に分けられます。

借入残高に対して一定率を返済する「定率方式」

借入残高に対して一定金額を返済する定額方式に対して、一定率の金額を返済するのが「低率方式」です。定率方式も利息の扱いによって「元利定率リボルビング方式」と「元金定率リボルビング方式」に分けられます。
定率方式のポイントとして、借入残高に対して常に一定率の返済となるため、理論上返済が完了することはありません。そのため、最後の返済では随時返済(繰り上げ返済)を選ぶなどの手続きが必要となります。

借入残高に応じて返済金額が変動する「残高スライド方式」

定額方式と定率方式の両方のメリットを狙ったのが、「残高スライド方式」です。残高スライド方式では、毎月締め日の借入残高に応じて、返済額または返済率を変更するのが特徴です。カードローンでは返済方法として残高スライド方式を採用していることが多く、利息の扱いによってさらに元利均等残高スライド方式と元金均等残高スライド方式に分けられます。

返済方式の違いによる返済への影響とは

定額返済では借入残高に大小に関わらず返済額が一定なので、借入残高が大きくなるほど返済金額が利息の返済に充てられ、元金の返済が進まずに返済が長引く悪循環におちいりやすいというデメリットがあります。一方の定率返済では、借入残高に対して常に一定率の返済となるので、最後の返済では繰り上げ返済を利用する必要があります。

返済を効率よく進めるための「随時返済(繰り上げ返済)」

毎月の返済とは別立ての「随時返済(繰り上げ返済)」

リボ払いだけでも返済は終わるように設計されていますが、最終的な返済金額が大きくなることは珍しくないため、できるだけ早期に返済を完了することが欠かせません。そこで欠かせないのが、「随時返済(繰り上げ返済)」です。

返済負担を抑えられる繰り上げ返済

繰り上げ返済とは、毎月のリボ払いによる返済(約定返済)とは別に、任意のタイミングで任意の金額を返済する返済方式です。約定返済は返済金額が元金と利息の返済に充てられるため、借入残高が大きいと元金の返済が進みません。これに対して繰り上げ返済は、返済金額の全額が利息の返済に充てられるため、約定返済だけの返済よりも少ない負担での完済が期待できます。

繰り上げ返済のポイント

繰り上げ返済は返済負担を抑えるために有効な返済方法ですが、返済が完了するまでは約定返済はそのまま維持されます。そのため、繰り上げ返済は無理のない範囲にとどめることが欠かせません。

おわりに

手軽で便利なお金の調達方法として人気を集めているカードローンですが、返済をめぐるトラブルが少なくありません。その原因として、返済方法として採用されているリボ払いの危険性が指摘されています。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP