ホーム >> カードローンの基本。消費者金融カードローンの特徴とは

カードローンの基本。消費者金融カードローンの特徴とは

カードローンの基本形。消費者金融カードローンのポイント

急な出費に頼れるカードローンですが、消費者金融や信販会社、銀行など、カードローン会社によりそのサービスの内容は微妙に異なります。
今回はいくつかあるカードローンの中でも、もっともイメージしやすい「消費者金融カードローン」のメリット・デメリットを見てみましょう。

カードローンサービスを形作った消費者金融カードローン

カードローンとは無担保・無保証人で利用できる個人向け融資サービスであり、申し込み・審査の結果に応じて融資枠が設定され、限度額の範囲内でくり返し利用できるのが特徴です。
サービスを提供する信販会社や銀行によって限度額や利率などのサービス内容は異なりますが、消費者金融カードローンは比較的手軽で便利に利用できるのが魅力です。

手軽さと利便性が魅力の消費者金融カードローン

消費者金融カードローンは、銀行カードローンや信販カードローンと比べて審査に必要な時間が短く、素早く借り入れできると言われています。
申し込みは全国の無人契約機をはじめ、FAXや郵送での手続きはもちろん、手持ちのスマートフォンやパソコンからの申し込みにも対応。手軽に申し込めるのも消費者金融カードローンの魅力です。
借り入れ・返済は無人契約機だけではなく、提携コンビニの現金自動預払機(ATM)や現金自動支払機(CD)からできるため、非常に利用しやすいのも見逃せないポイントと言えるでしょう。

消費者金融カードローンの三つのポイント

このようにいくつかあるカードローンの中でも手軽に利用できるのが消費者金融カードローンのメリットですが、その他にどのような特徴があるのでしょうか。
消費者金融カードローンを利用するときに注意したいポイントを三つ見てみましょう。

最短即日審査・融資に対応する利便性の高さ

消費者金融カードローンを利用するときのポイントとしてもっとも大きいのは、ほとんどのカードローンが最短即日審査・即日融資対応である点です。
近年では銀行カードローンでも即日審査・即日融資対応していますが、急な借り入れが必要なときには、やはり消費者金融カードローンが有利となるケースが多いようです。

貸金業法による「総量規制」の対象

申し込みから借り入れまでの時間が短いのが消費者金融カードローンの見逃せないメリットですが、利用のときに気をつけたいポイントとして「総量規制」の存在があります。
総量規制とは貸金業法改正で導入された「借り入れを受ける者は年収の3分の1を超える金額の借り入れはできない」とする規制です。

低い借入限度額と高い利率設定

手軽さと利便性が消費者金融カードローンの魅力ですが、その反面、銀行カードローンや信販カードローンと比べると借入限度額が低く利率が高いという欠点があります。
借り入れ条件は最終的な返済負担にも直接影響してくるので、事前に借り入れ条件を比較することは、トラブルのない利用のためにも十分検討したいポイントです。

主な消費者金融カードローンとサービス内容

このように利便性の高い消費者金融カードローンですが、大規模な再編がおこなわれ、現在では銀行傘下で全国展開する消費者金融と地域密着の消費者金融に二分されています。
主な消費者金融カードローンの内容とその特徴を見てみましょう。

アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)

三菱UFJフィナンシャル・グループ「アコム」は、初回利用なら契約翌日から最大30日間無利息が魅力のカードローン。また、豊富な提携金融機関・コンビニATMで手軽に利用できるのも見逃せません。

モビット(三井住友銀行グループ)

三井住友銀行グループ「モビット」は、全国13万台(2017年6月現在)の提携金融機関・コンビニATMで利用できるカードローン。
インターネットで申し込みから借り入れまでできるウェブ完結申し込みなら、郵送物がない手軽さも大きな魅力と言えるでしょう。

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

ウェブ完結申し込みで素早い審査と融資が魅力のSMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」は、安定した収入があればパート・アルバイトや学生でも申し込めるのが魅力。
提携金融機関の口座登録済みなら振込手数料無料。平日14時までに契約完了していれば最短10秒で借り入れできる素早さも見逃せません。

 借入限度額
(円)
最低実質年率
(%)
最高実質年率
(%)
即日審査・即日融資対応
アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)アイキャッチ
アコム
(三菱UFJフィナンシャルグループ)
8,000,0003.0018.00
mobit_200_200_20160422
モビット
(三井住友銀行グループ)
8,000,0003.0018.00
プロミス フリーキャッシング
(SMBCコンシューマーファイナンス)
5,000,0004.5017.80
ノーローン(新生銀行グループ)アイキャッチ
ノーローン
(新生パーソナルローン)
3,000,0004.9018.00
アイフル(アイフル)アイキャッチ
アイフル(アイフル)
5,000,0004.5018.00

おわりに

消費者金融カードローンは手軽で便利に利用できるものの、限度額や利率、さまざまな規制から実際の利用で有利とは言いにくい面もあります。
利用目的や返済予定を含めたさまざまな条件を踏まえて、適切なカードローンを利用するためにも、消費者金融カードローンは最適なカードローンと言えるでしょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP