ホーム >> 利便性の高さが魅力。ネット銀行カードローンの特徴

利便性の高さが魅力。ネット銀行カードローンの特徴

利便性の高さが魅力。ネット銀行カードローンの特徴

数あるカードローンの中でも銀行カードローンは魅力的な借り入れ条件を設定していますが、特に有利な借り入れ条件を設定しているのが、インターネット専業銀行(ネット銀行)のカードローンです。
今回は、大きな借入限度額と低い金利が魅力のネット銀行カードローンの魅力を見てみましょう。

インターネット専業銀行を含む「新たな形態の銀行」とは

新たな形態の銀行とは、都市銀行や地方銀行、信託銀行など従来の銀行には当てはまらない形態で営業する銀行を指す金融庁の分類です。インターネット専業銀行(ネット銀行)をはじめ、商業施設の連携を主体とする銀行や中小企業への融資を主体とする銀行、破綻銀行の業務を引き継ぐ銀行などが当てはまる新たな形態の銀行は、徹底したコスト削減とそれによって生じた原資を預金利息に回すことで、顧客還元をはかっているのが特徴です。

知っておきたい。ネット銀行カードローンの魅力とは

ネット銀行の特徴としてコスト削減による各種手数料の安さや預金金利の高さなどは知られていますが、同時に個人向け融資にも積極的であることはあまり知られていません。
個人向け融資の中でも、もっとも身近なネット銀行の提供するカードローンにはどのような特徴があるのかを見てみましょう。

銀行カードローンの中でも魅力的な借り入れ条件

ネット銀行が特に力を入れているカードローンは、数あるカードローンの中でも魅力的な借り入れ条件を提示していることで知られています。
消費者金融カードローンの一般的な借り入れ条件は限度額最大500万円、実質年率10%後半程度、銀行カードローンは限度額最大1千万円、実質年率10%程度の魅力的な借り入れ条件が一般的です。
ネット銀行カードローンはこの借り入れ条件をさらに上回り、限度額最大1千万円超え、実質年率数%という魅力的な借り入れ条件のカードローンも存在します。

他サービスの利用に応じて利率引き下げ

魅力的な借り入れ条件と利便性が魅力のネット銀行カードローンですが、他に見逃せないポイントとして、銀行内の他サービス利用に応じて利率引き下げをおこなっている場合があげられます。
MR.カードローン(住信SBIネット銀行)は、限度額最大1200万円、実質年率0.99%から14.79%という破格の借り入れ条件が魅力ですが、指定条件の達成で最大0.6%の利率引き下げに対応が魅力(年率0.99%は利率引き下げ後の数値)。
この他にもネット銀行カードローンはサービス利用に応じて利率引き下げをはじめとする各種優遇を備えているので、表面的な利率よりも小さい負担で利用できるのは大きな魅力と言えるでしょう。

トラブルのない利用のためには知識が欠かせない?

このようにさまざまな点で魅力的なネット銀行カードローンですが、基本的に全ての手続きはインターネット上でおこなうこととなります。
また、基本的に入出金はネットバンクか提携金融機関・コンビニATMでの手続きとなるので、手数料負担なども無視できません。
思わぬ出費や借り入れ・返済でのトラブルを防ぐためにも、手数料などのサービス面や、パソコンやインターネットの最低限の知識は不可欠と言えるでしょう。

主なネット銀行カードローンの一覧

ここまでネット銀行カードローンに関する特徴をいくつか見てきましたが、実際にサービスを提供しているネット銀行にはどのようなものがあるのでしょうか。
主なネット銀行カードローンの借入限度額と実質年率を見てみましょう。

 借入限度額
(円)
最低実質年率
(利率)
最高実質年率
(利率)
楽天銀行スーパーローン(楽天銀行)アイキャッチ
楽天銀行スーパーローン
(楽天銀行)
8,000,0001.9014.50
MR.カードローン(住信SBIネット銀行)
MR.カードローン
(住信SBIネット銀行)
12,000,0000.9914.79
ネットキャッシング
(ジャパンネット銀行)
10,000,0002.5018.00
ソニー銀行のカードローン(ソニー銀行)
ソニー銀行のカードローン
(ソニー銀行)
8,000,0002.5013.80
フリーローン
(大和ネクスト銀行)
5,000,0004.009.50

おわりに

ネット銀行カードローンは、魅力的な借り入れ条件と利便性の高さが魅力の銀行カードローンですが、トラブルのない利用のためには、注意したいポイントがいくつか存在しします。
申し込み・借り入れのときにはここまで見てきたようなポイントを踏まえた上で利用することが欠かせないと言えるでしょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP