知っておきたい。信販カードローンの隠れた魅力とは

知っておきたい。信販カードローンの特徴とポイント

さまざまな金融機関が提供しているカードローンですが、サービスを提供している会社まではあまり知られていません。
カードローンを提供している会社としては銀行や消費者金融が知られていますが、この二つに並ぶ主なカードローン会社が信販(クレジット)会社です。
今回は、あまり知られていないクレジット会社が提供するカードローンについて見てみましょう。

クレジットサービスを提供する信販会社

信販(クレジット)会社とは、販売信用(クレジット)に関する各種業務を主な業務をしている金融機関であり、割賦販売やクレジットカードでの商品やサービスの購入が身近なクレジットとして知られています。
代表的な信販会社にはオリエントコーポレーション(オリコ)やジャックス、セディナなどがありますが、地域密着の信販会社も各地に存在します。

信販会社のカードローンサービスの特徴とは

信販会社のカードローンサービスといっても、その内容は消費者金融や銀行の提供するカードローンと変わりありません。
消費者金融カードローンや銀行カードローンと比べたときの信販カードローンのメリット・デメリットにはどのようなものがあるのかを見てみましょう。

魅力的な借り入れ条件

信販カードローンは比較的大きな限度額と低い利率が設定されているため、借り入れ条件の面で比較するとかなり魅力的なカードローンと言えます。
代表的な信販カードローンであるカードローン「CREST(クレスト)」(オリコ)なら、限度額最大500万円、実質年率4.5%から18.0%と、一般的な利用であれば過不足ない借り入れ条件と言えます。

魅力的な提携サービスが豊富

一部の消費者金融カードローンや銀行カードローンでは、カードローン以外のサービス利用に応じてカードローンの利率引き下げなどの提携サービスがありますが、信販カードローンはこのような提携サービスが豊富です。
利率引き下げをはじめ、グループ内の各種サービスを魅力的な割引価格で利用できるなど、見逃せないサービスが盛りだくさんなのが信販カードローンの魅力と言えるでしょう。

気をつけたい信販カードローンのデメリット

このように魅力的なサービスと言える信販カードローンですが、実際の利用のときにはいくつか注意したいポイントがあります。そのポイントを見てみましょう。

申し込みから借り入れまで時間がかかる

最短即日審査・即日融資が一般的な消費者金融カードローンや銀行カードローンと異なり、即日審査・即日融資対応の信販カードローンは珍しく、申し込みから借り入れまで最短でも数日、長ければ一週間前後の時間がかかります。
急な出費が必要になって慌てて申し込んでも、すぐに借りられないのは大きなデメリットと言えます。

信販会社によって借り入れ条件が大きく異なる

消費者金融カードローンや銀行カードローンでもサービス提供会社によって借り入れ条件は異なりますが、信販カードローンはその傾向がより明らか。
例えば、カードローン「CREST(クレスト)」(オリコ)の借り入れ条件は限度額最大500万円、実質年率4.5%から18.0%ですが、「三井住友カード ゴールドローン」(三井住友カード)だと限度額最大700万円、実質年率3.5%から9.8%になります。
信販カードローンを利用するときには、借り入れ条件を慎重に比較・検討する必要がありそうです。

限度額を規制する「総量規制」の対象となる

信販会社は商品やサービスの費用立て替え(販売信用)が主な業務であり、消費者金融のような契約者との間で、直接金銭の貸し付けをおこなうわけではないため、貸金業法の規制を受ける必要はありません。
しかし、カードローンの提供会社として貸金業者の登録をしているため、貸金業法の各種規制の対象となっています。

主な信販カードローンのサービスと特徴

このような特徴がある信販カードローンですが、信販会社の数そのものが少なく、信販カードローンの数も限られています。主な信販カードローンのサービスと特徴を見てみましょう。

カードローン CREST(クレスト)(オリコ)

オリエントコーポレーション(オリコ)のカードローン「CREST(クレスト)」は、指定条件の達成で最大2.0%利率引き下げをはじめとする優遇サービスが魅力のカードローンです。
10万円以上1万円単位での借り入れに対応しているので、適切な金額を借りやすいのも見逃せないポイントと言えるでしょう。

オリックスVIPカードローン(オリックス・クレジット)

物品賃貸(リース)を主な業務とする「オリックス」グループの信販会社「オリックス・クレジット」の提供するカードローンが「オリックスVIPカードローン」です。
限度額最大800万円、実質年率1.7%から16.8%と魅力的な借り入れ条件も見逃せないこのカードローンの最大の特徴は、グループ会社のさまざまなリースサービスを魅力的な会員価格で利用できること。

三井住友カード ゴールドローン(三井住友カード)

三井住友カード ゴールドローンは限度額最大700万円、実質年率3.5%から9.8%と借り入れ条件が魅力的なカードローン。さらに前年の返済実績に応じて0.3%から1.2%の間での利率引き下げに対応。より低利率で借り入れできるのが見逃せないカードローンです。

 借入限度額実質年率発生する利率(1日当たり)
OricoカードローンCREST(オリコ)-200-200
OricoカードローンCREST
(オリコ)
5,000,0004.5%~18.0%49
オリックスVIPカードローン(オリックスクレジット)アイキャッチ
オリックスVIPカードローン
(オリックスクレジット)
8,000,0003.0%~16.8%46
三井住友カード ゴールドローン(三井住友カード)
三井住友カード ゴールドローン
(三井住友カード)
7,000,0003.5%~9.8%26

おわりに

消費者金融カードローンとも銀行カードローンとも違う信販カードローンは、際立ったメリット・デメリットのないカードローンです。
しかしその特徴を把握した上で利用すれば、利率引き下げをはじめとするさまざまな点で魅力的なカードローンと言えるでしょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP