ホーム >> 債務者に代わって保証会社が返済する「代位弁済」とは?

債務者に代わって保証会社が返済する「代位弁済」とは?

債務者に代わって保証会社が返済する「代位弁済」とは?

カードローンの返済にトラブルが生じたときには、所定の手順にしたがって処理がおこなわれます。
その中でもっとも大きな影響があるのが、契約者に代わって保証会社が債務の返済をおこなう「代位弁済」です。なじみのない代位弁済とはどのような仕組みなのでしょうか。
今回は代位弁済に至るまでの流れと、代位弁済の影響について見てみましょう。

「代位弁済」の概要

代位弁済とは、「本人の代わりに誰か(代位)が、返済を肩代わりする(弁済)する」であり、カードローンに特有の仕組みです。
カードローンのメリットの1つに、本人確認と収入証明、指定信用情報機関が収集している個人信用情報だけで申し込み・借り入れができて、担保や保証人が要らない手軽さがあります。
この手軽さを実現するための仕組みとして置かれているのが、申し込みから返済が完了するまでの契約者の審査と債権の保全を担当する「保証会社」です。
契約書類を読むと、消費者金融や信販会社などの貸金業者なら保証業務を専門におこなう子会社が、銀行なら貸金業者が保証会社として契約に加わっていることが記されています。
一般的にカードローンと契約をするときには、カードローン会社とは金銭消費貸借契約、保証会社とは保証委託契約を結ぶことになります。
保証会社による審査と承認なしにはカードローンが契約できないため、カードローンの申し込みではこの2つの契約を結ぶことが欠かせません。

「代位弁済」の大まかな流れ

カードローンの借り入れの返済に問題が生じたときに保証会社によっておこなわれる代位弁済ですが、どのような流れでおこなわれるのでしょうか。その流れを見てみましょう。

最初に行われるのは、債権者から債務者への返済の督促

カードローンの借り入れの返済に問題が生じると、最初におこなわれるのが返済の督促です。最初に電話による督促がおこなわれ、ついで書類による督促へと進みます。
ここで注意したいのは、督促の時点で個人信用情報に「事故情報」が記録されるため、督促の時点で返済を完了しても、その後の新規カードローンの申し込み・借り入れは事実上不可能になることです。

債権者から保証会社への一括請求と保証会社による支払い

督促の時点で返済がおこなわれなければ、「保証委託契約」に基づいて、保証会社が契約者に代わって残る借入残高を返済する「代位弁済」がをおこなうことを通知します。
代位弁済がおこなわれた時点で、カードローンの追加借り入れはできなくなり、別のカードローンに新規申し込みも審査に通ることは事実上不可能となります。

保証会社から債務者への請求と各種手続き

代位弁済がおこなわれると、借入残高の返済を求める権利(求償権)は銀行から保証会社に異動します。
代位弁済の実施と合わせて、「求償権請求」と呼ばれる代位弁済の通知書が送られてきます。この「求償権請求」では、代位弁済の金額に遅延損害金を加算した金額の一括返済が請求されます。
分割返済に対応してくれることもあるようですが、基本的には一括しての返済を求められます。

代位弁済が行われたあとに考えられる影響

このような流れで進められる代位弁済ですが、実際におこなわれると生活にどのような影響があるのでしょうか。

返済の一括請求

代位弁済の実施によるもっとも大きな影響は、先にも述べたように一括返済を求められることです。
近年では任意整理や特定調停、自己破産など債務整理も一般的であり、分割返済に応じてくれることもあるようですが、基本的に一括請求が求められます。
一括返済が求められる理由は、手続きをスムーズに進めるための法的な措置という側面が強いためです。
ここでトラブルになると保証会社から民事訴訟を起こされて、財産の差し押さえとなることを覚悟する必要があります。

その後の借り入れが不利となる可能性も…

また、忘れてはいけないポイントとして、代位弁済がおこなわれると個人信用情報に事故情報が記録され、その後の申し込み・借り入れに大きく影響することがあげられます。
代位弁済の事実は、指定信用情報機関の個人信用情報はもちろん、保証会社が加入する信用保証協会にも記録されるため、代位弁済を完済後の一定期間は個人向け融資の一切の借り入れができなくなります。

債務整理と代位弁済の関係

このように極めて重い措置である代位弁済ですが、同様に借入残高を整理する債務整理とどう違うのでしょうか。
「債務整理」と「代位弁済」のもっとも大きな違いとしては、債務整理が自発的におこなうものであるのに対して、代位弁済は強制措置である点です。
また、債務整理なら任意整理や特定調停、自己破産など、収入状況に合わせて申し立て・処理方法を選べますが、代位弁済では基本的に一括請求のみ、相談に応じるケースは極めてまれであることも違いと言えるでしょう。

おわりに

見てきたように、カードローンに特有の救済・取り立て手段である代位弁済は、債権者・債務者双方に大きな負担を掛ける方法です。
代位弁済をおこなわれないよう、無理のない返済計画を立てて、計画的な利用を心がけるようにしましょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP