知っているようで知らないカードローンが保証人不要の理由

知っているようで知らないカードローンが保証人不要の理由

必要なときにすぐにお金を用意できるのが魅力のカードローンは、そのほとんどが無担保・無保証人での申し込み・融資に対応しています。
カードローン以外の個人向け融資商品の大部分は要担保・保証人なのに、なぜカードローンだけが無担保・無保証人での融資を可能としているのでしょうか。
なぜカードローンは無担保・無保証人で借り入れできるのかを探ってみましょう。

申込者本人の信用に応じて融資するカードローン

数あるローン商品と同様、カードローンは申込者が提出した個人情報と指定信用情報機関に記録されている個人情報を照らし合わせて審査をおこない、返済が確実とされれば融資対象となる個人向け融資商品です。
申請した個人情報の内容にウソや間違いがあれば審査に通ることは難しく、融資の可否と合わせてどの程度の融資枠までなら返済が見込めるかも判断されます。
そのため、正しい個人情報の提出は確実な審査の通過と無理のない返済のためには重要なポイントと言えます。

無担保・無保証人だからカードローンは高金利?

カードローンと比べて大きな借入金額と低い利率が魅力の住宅ローンや自動車ローンなどは、返済に問題があれば担保となる資産の差し押さえや保証人に対して返済の請求をします。
これに対してカードローンでは担保や保証人を設定せず、リスク管理として担保を設定する個人向け融資と比べて低い限度額と高い金利が設定されています。
ほとんどのカードローンでは融資枠にあわせて金利が低下しますが、これは「それだけ大きな金額を貸しても返済に問題がない」と判断された信用の高い状態とも言えます。

融資対象を限定することで低金利を実現した銀行カードローン

ほとんどの銀行がカードローンを提供している現在、低金利な銀行カードローンと高金利な消費者金融カードローンという構図は当たり前になっています。
銀行カードローンは消費者金融カードローンと比較して低金利のサービスを提供できる理由に、融資対象を問題にならない範囲で限定していることがあげられます。
カードローンは専業主婦やパート・アルバイトであっても安定収入があれば利用できるとしていますが、実際には消費者金融カードローンに比べて銀行カードローンは審査が厳しく、正社員や公務員として勤務して一定の給料所得者を主な融資対象にしていると言われています。
特にパート・アルバイトでも申し込み可能などが書いていないカードローンであれば、融資対象を正社員や公務員などに限定していることが考えられます。

借り入れ範囲を広くとっている消費者金融カードローン

このように融資対象を限定していると言われている銀行カードローンに対して、消費者金融カードローンはより幅広い層を対象としていると言われています。
銀行カードローンでは借り入れが難しいとされるパート・アルバイトや専業主婦でも、消費者金融カードローンなら一定の安定収入があれば審査に通ることが期待できます。

消費者金融カードローンと銀行カードローンの関係

現在ではほとんどの消費者金融カードローンはメガバンクと関係を持ち、メガバンクはノウハウを吸収した上で優良顧客を銀行カードローンの融資対象、それ以外の顧客を消費者金融カードローンの融資対象にしていると言われています。
カードローンに申し込むときには、このような点を踏まえて申込先を検討すると良いかもしれません。

実は存在するカードローンの保証人:保証会社の役割

カードローンが無担保・無保証で借り入れできる理由を見てきましたが、カードローン会社と申込者の間には「保証会社」と呼ばれる保証人が存在していることは意外と知られていません。
保証会社の役割は大きく分けて「申し込み内容の審査をおこなう」ことと「返済にトラブルが生じたときに代位弁済をする」役割があります。それぞれの役割を見てみましょう。

保証会社の役割:申し込み内容の審査

保証会社の重要な役割として、申し込み内容の審査があげられます。
銀行や消費者金融と契約している保証会社は、申込者から提供された個人情報と指定信用情報機関に登録されている個人信用情報を照らし合わせて融資の可否や融資内容を決定します。

保証会社の役割:返済トラブルのときの代位弁済をする

申込者(契約者)からの返済に問題が生じて一定期間が経過すると、保証会社は銀行や消費者金融に対して「代位弁済」をおこないます。
代位弁済がおこなわれると返済先は銀行や消費者金融から保証会社に移り、あわせて延滞や代位弁済がおこなわれたという「事故情報」が個人信用情報に登録されます。
事故情報の登録がある状態で新たに融資を受けることは極めてむずかしくなります。

おわりに

このようにカードローンが無担保・無保証人で申し込み・借り入れできるのは、他の個人向け融資商品と比べて高い利率設定によるリスク管理や、保証会社の存在があります。
カードローンを利用するときには、借り入れ条件やこのような点に注意して利用することがトラブルのないカードローンの利用につながると言えるでしょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP