ホーム >> 新型iPhone発表で気になる携帯料金とカードローンの関係

新型iPhone発表で気になる携帯料金とカードローンの関係

新型iPhoneと抑えておきたいカードローンへの影響

かつてのような熱狂的な現象ではなくなりつつあるものの、今でも新型が登場する度に注目されるスマートフォンと言えば、アップルの「iPhone」です。
iPhoneをはじめとする各種スマートフォンはもはや日常生活とは切っても切れない間柄ですが、意外な部分でカードローンや個人向け融資に影響することがあるのです。
今回はスマートフォンなどの携帯料金の支払いと、意外と知られていないカードローンや個人向け融資の関係について見てみましょう。

様々なウワサが飛び交う新型iPhone

これまでのiPhone発売までの例に漏れず、新型iPhoneはかなり行き届いた情報統制の下にあります。
そのため、その内容については、これまでリークされたものや流出した真偽不明の情報から断片的に推測するしかありません。

現在までに明らかになっている情報からウワサされている新型iPhoneの機能は、

  • ・4Kディスプレイ搭載
  • ・防水機能搭載
  • ・FeliCa(非接触ICカード)と非接触充電に対応
  • ・3.5ミリイヤホンジャックの廃止

が検討されているとウワサされています。

この中の全てもしくは一部が搭載されるのか、もしくはまったく新しい機能が搭載されるのか、興味は尽きません。
しかしこれまでのようにかなり行き届いた情報統制の下にあるため、その実物を目にする機会は9月中とも言われている発売まではなさそうです。

高額化する端末代金と複雑な料金体系

新型が開発されるごとに高機能になるiPhoneなどのスマートフォンですが、高機能化に歩調を合わせるようにして端末本体の代金も高額化しています。

本体代金と毎月の通信料金を合わせた金額を携帯料金として支払っていますが、携帯各社でiPhoneを購入したときの料金シミュレーション(iPhone6s、16GB、月間データ量5GB)を見てみると、

  • ・ドコモ(NTT)…8,883円/月(税込)
  • 新型iPhoneと抑えておきたいカードローンへの影響

    かつてのような熱狂的な現象ではなくなりつつあるものの、今でも新型が登場する度に注目されるスマートフォンと言えば、アップルの「iPhone」です。
    iPhoneをはじめとする各種スマートフォンはもはや日常生活とは切っても切れない間柄ですが、意外な部分でカードローンや個人向け融資に影響することがあるのです。
    今回はスマートフォンなどの携帯料金の支払いと、意外と知られていないカードローンや個人向け融資の関係について見てみましょう。

    様々なウワサが飛び交う新型iPhone

    これまでのiPhone発売までの例に漏れず、新型iPhoneはかなり行き届いた情報統制の下にあります。
    そのため、その内容については、これまでリークされたものや流出した真偽不明の情報から断片的に推測するしかありません。
    現在までに明らかになっている情報からウワサされている新型iPhoneの機能は、

    • 4Kディスプレイ搭載
    • 防水機能搭載
    • FeliCa(非接触ICカード)と非接触充電に対応
    • 3.5ミリイヤホンジャックの廃止

    が検討されているとウワサされています。

    この中の全てもしくは一部が搭載されるのか、もしくはまったく新しい機能が搭載されるのか、興味は尽きません。
    しかしこれまでのようにかなり行き届いた情報統制の下にあるため、その実物を目にする機会は9月中とも言われている発売まではなさそうです。

    高額化する端末代金と複雑な料金体系

    新型が開発されるごとに高機能になるiPhoneなどのスマートフォンですが、高機能化に歩調を合わせるようにして端末本体の代金も高額化しています。
    本体代金と毎月の通信料金を合わせた金額を携帯料金として支払っていますが、携帯各社でiPhoneを購入したときの料金シミュレーション(iPhone6s、16GB、月間データ量5GB)を見てみると、

    • ドコモ(NTT)…8,883円/月(税込)
    • au(KDDI)…8,010円/月(税込)
    • SoftBank(ソフトバンク)…9,090円/月(税込)

    と、わずかな金額の違いこそあるものの、毎月ほぼ1万円の出費となります。
    一般的にスマートフォンは端末自体が従来の携帯電話よりも高額なものが多いため、負担感の少ない分割払いで購入する人がほとんどと言われています。
    これにより特に若い世代を中心に、携帯電話端末代金(以下、端末代金)の支払いを滞納する人が急増しています。

    誤解を招く「実質0円」表示と複雑な料金制度

    携帯会社から毎月請求される携帯料金には、毎月発生する通信料金と、分割払いの本体代金が含まれています。
    しかし、現行の余りにも複雑な割引制度や「実質0円」などの誤解を招くような表記により、毎月の請求金額に端末代金が含まれていることを認識していないことがあります。
    特に実質0円表記は様々なトラブルの元となっているため、消費者庁から是正勧告を強く求められました。しかし表記を変えただけほぼ同様の制度が維持されているため、問題の根は解消されていないと言えます。

    携帯料金の滞納でカードローンで借りられなくなる?

    商品を分割払いで購入する契約は、一般に「割賦契約」として扱われ、契約者と「クレジット会社」の間の契約として扱われます。
    スマートフォンなどの携帯電話端末を購入するときに分割で代金を支払う契約も「割賦契約」ですが、クレジット会社の役割を携帯会社が兼ねるため、「通信料金」と「割賦契約代金」がまとめて請求されます。
    本来なら別々の請求が同時におこなわれるため、携帯端末の支払いの請求はどうしても気づきにくい構造を含んでいます。

    分割支払金を滞納すると、その事実が携帯会社と契約している指定信用情報機関に記録されています。
    一定期間を越えて分割支払金の支払いがとどこおると、その後に割賦契約で契約した全ての支払いを終えても、やはり一定期間は指定親情情報機関のデータベースに「滞納した事実がある」と記録されることとなります。
    一般に「事故情報」と呼ばれるこの滞納情報は、カードローンの申し込みやクレジットカードの発行のときに申込者の支払い能力を推察するために参照されます。
    そのため、事故情報が記録されると、その後の個人向け融資の審査に大きく影響する可能性は大きくなるのです。

    おわりに

    日常生活になくてはならないアイテムとなったスマートフォンは、その高機能に見合った価格であり、複雑な割引制度や広告表記によって本来の価格がわかりにくくなっています。
    また、割賦販売として扱われる端末代金と通信料金が一緒に請求されるため、携帯料金の滞納がそのまま事故情報として登録されるなど、大きな危険があります。
    高機能なスマートフォンの新機種は魅力的ですが、支払いを滞納することで事故情報に登録されると、大きな悪影響を及ぼしかねません。確実な返済は欠かせないと言えるでしょう。

  • ・au(KDDI)…8,010円/月(税込)
  • ・SoftBank(ソフトバンク)…9,090円/月(税込)

と、わずかな金額の違いこそあるものの、毎月ほぼ1万円の出費となります。

一般的にスマートフォンは端末自体が従来の携帯電話よりも高額なものが多いため、負担感の少ない分割払いで購入する人がほとんどと言われています。
これにより特に若い世代を中心に、携帯電話端末代金(以下、端末代金)の支払いを滞納する人が急増しています。

誤解を招く「実質0円」表示と複雑な料金制度

携帯会社から毎月請求される携帯料金には、毎月発生する通信料金と、分割払いの本体代金が含まれています。
しかし、現行の余りにも複雑な割引制度や「実質0円」などの誤解を招くような表記により、毎月の請求金額に端末代金が含まれていることを認識していないことがあります。
特に実質0円表記は様々なトラブルの元となっているため、消費者庁から是正勧告を強く求められました。
しかし表記を変えただけほぼ同様の制度が維持されているため、問題の根は解消されていないと言えます。

携帯料金の滞納でカードローンで借りられなくなる?

商品を分割払いで購入する契約は、一般に「割賦契約」として扱われ、契約者と「クレジット会社」の間の契約として扱われます。
スマートフォンなどの携帯電話端末を購入するときに分割で代金を支払う契約も「割賦契約」ですが、クレジット会社の役割を携帯会社が兼ねるため、「通信料金」と「割賦契約代金」がまとめて請求されます。
本来なら別々の請求が同時におこなわれるため、携帯端末の支払いの請求はどうしても気づきにくい構造を含んでいます。

分割支払金を滞納すると、その事実が携帯会社と契約している指定信用情報機関に記録されています。
一定期間を越えて分割支払金の支払いがとどこおると、その後に割賦契約で契約した全ての支払いを終えても、やはり一定期間は指定親情情報機関のデータベースに「滞納した事実がある」と記録されることとなります。
一般に「事故情報」と呼ばれるこの滞納情報は、カードローンの申し込みやクレジットカードの発行のときに申込者の支払い能力を推察するために参照されます。
そのため、事故情報が記録されると、その後の個人向け融資の審査に大きく影響する可能性は大きくなるのです。

おわりに

日常生活になくてはならないアイテムとなったスマートフォンは、その高機能に見合った価格であり、複雑な割引制度や広告表記によって本来の価格がわかりにくくなっています。
また、割賦販売として扱われる端末代金と通信料金が一緒に請求されるため、携帯料金の滞納がそのまま事故情報として登録されるなど、大きな危険があります。
高機能なスマートフォンの新機種は魅力的ですが、支払いを滞納することで事故情報に登録されると、大きな悪影響を及ぼしかねません。確実な返済は欠かせないと言えるでしょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP