ホーム >> カードローン審査のポイントと審査結果が出るまでの時間

カードローン審査のポイントと審査結果が出るまでの時間

カードローンの審査期間と審査結果通知について

急な出費でお金が必要になったときに素早い審査と融資でお金を借りられるのが魅力のカードローンでは、最短即日審査・即日融資対応も珍しくありません。
一口に即日審査・即日融資と言っても、実際にどの程度の時間がかかるのでしょうか。今回は、カードローンで即日審査・即日融資を目指すときのポイントを見てみましょう。

カードローンの審査で重視されるポイントとは?

審査でもっとも重視されるポイントは、無担保・無保証人で融資しても確実に返済する能力があるかという点です。
基本的にカードローンの申し込みは安定した収入がある成人なら誰でもできますが、確実な借り入れのためには定職に就いていることをはじめとするいくつかの条件があります。
詳しい審査項目はカードローンによって微妙に異なりますが、大きな項目としては持ち家の有無や年齢などがあり、信用や将来性などが注目される傾向があります。
信用や将来性の中でも重視されるのが、「申し込み時点で他の金融機関からの何らかの融資を受けているかどうか」という点です。
申し込み時点で複数の金融機関から借り入れを受けていると、それだけ返済の負担が大きくなります。返済が難しいと判断されれば、新たな借り入れは極めて難しいと言えるでしょう。

審査にかかる時間と審査結果の通知

最近のサービス改善により消費者金融カードローンや銀行カードローンを問わず、即日審査・即日融資対応のカードローンは珍しくありません。しかしこの条件で借り入れできるのは、申込内容に問題がなく、手続きがスムーズに完了したときの理想的な条件です。
カードローンの申し込みから借り入れには、申込日から1日から2日程度の時間がかかるのが一般的であり、即日審査・即日融資対応のカードローンでも、日数に余裕を持って申し込み・審査を受けるのが賢明です。

借り入れ悪影響?避けたい複数申し込みと総量規制

審査結果の通知が遅いと、他のカードローンへの申し込みを考えたくなりますが、消費者金融カードローンや信販カードローンに複数の申し込みをおこなうと、総量規制の対象となります。
総量規制の対象となれば、上限を超える申し込みが自動的に審査落ちするだけではなく、その事実が個人信用情報にも記録されるため、その後の申し込み・借り入れにも影響が残ります。
確実にカードローンの借り入れるためには、時間がかかっても審査が完了するまで待つのが賢明と言えそうです。

審査期間を短くするための四つのポイント

最短即日審査・即日融資対応がカードローンの魅力ですが、即日審査・即日融資で借りるためには、いくつか気をつけたいポイントがあります。主なポイントを見てみましょう。

郵送申し込みを避ける

即日審査・即日融資を受けるための基本的なポイントとして、郵送申し込みを避けることがあります。
郵送では発送から到着まで最短でも1日から2日がかかるので、急ぎの申し込みのときには郵送での申し込みは避けるのが賢明です。

審査が殺到する時期を避ける

審査の自動化が進んだ現在でも、本審査は人の手でおこなわれるため、年末年始やお盆など、長期休暇前後の申し込みの集中する時期には、どうしても審査にかかる時間が長くなる傾向があると言われています。
申し込みの集中が予想される時期は、新規申し込みそのものを控えるか、余裕をもって申し込むようにしましょう。

必要書類を事前にキチンとそろえる

カードローンの新規申し込みには、申込書をはじめとして本人確認書類や収入証明書類などが必要となります。
後日送付に対応しているカードローンもありますが基本的には申し込み時点での提出が求められることが多いので、申し込み時点で用意しておく必要があるでしょう。

不必要に大きな金額を申し込まない

基本的にカードローン資金使途や申し込みは申込者の自由であり、つい大きな融資枠で申し込みたくなります。しかし大きな金額の申し込みは審査が厳しくなり、時間がかかります。
素早い借り入れが必要なときには、利率の面で不利になることを承知の上で少額の限度額での申し込みをするほうが審査の面で有利なこともあります。

急ぎのときに覚えておきたい。無人窓口での申し込み

申し込み時点でこれらのポイントに気をつければ即日審査・即日融資での借り入れもできますが、本当に急ぎのときに頼りになるのが「無人店舗」です。
テレビ電話などを活用することで遠隔地でも審査を受け付けられる無人店舗では、審査直後のカード発行や借り入れに対応しているので、30分から1時間程度で借り入れまでできるのは覚えておきたいポイントです。
主な無人窓口を用意しているカードローンを見てみましょう。

 借入限度額借入利率無人契約機・無人店舗設置数
(2016年10月時点)
アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)アイキャッチ
アコム(自動契約機:むじんくん)
(三菱UFJフィナンシャルグループ)

500万円4.5%~18.0%約1,070台
アイフル (無人契約機:お自動さん)
(アイフル)
500万円4.5%~18.0%約890台
プロミス フリーキャッシング
(SMBCコンシューマーファイナンス)
500万円4.5%~17.8%約990台
レイク(新生銀行カードローン)アイキャッチ
レイク(無人契約機:愛称なし)
(新生銀行)
500万円4.5%~18.0%約750台

おわりに

気軽に申し込み・借り入れできるカードローンは、審査を通過すれば誰でもお金の借り入れができる大変便利な金融商品です。
その便利さを十分に活用するためには、申し込み・借り入れのポイントを抑えて利用する必要があります。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP