手軽な申し込みができるカードローンの「ウェブ完結申込」とは

手軽な申し込みができるカードローンの「ウェブ完結申込」とは

テレビCMやインターネット広告で一般的になっているとは言え、カードローンの申し込みや借り入れの心理的なハードルは決して低くありません。
はじめての利用のときに比較的手軽に申し込めることから普及しているのが、インターネットで全ての手続きが完了する申し込み(ウェブ完結申込)です。
今回は、ウェブ完結申込の流れと、そのメリット・デメリットを見てみましょう。

手軽にできる。カードローンのウェブ完結申込

カードローンのウェブ完結申込とは、その名前の通り申し込みから借り入れ・返済まで、一連の手続きがインターネットで完結する申し込み方法です。
インターネットに接続できればいつでも・どこでも申し込みできるので、店舗にいく時間や電話をする時間がとれなくても、隙間時間で申し込みができるのがウェブ完結申込の最大の特徴です。
手軽さが魅力のウェブ完結申込ですが、従来は書類の郵送や、最終段階で店舗での手続きが必要になることが当たり前でした。しかし手続きの簡略化が進んんだことでウェブ完結申し込み対応のカードローンが増加、より手軽で便利な申し込み方法として広く普及しています。

カードローンのウェブ完結申し込みの流れ

手軽さが魅力となるウェブ完結申し込みですが、実際の申し込みはどのような流れで進められるのでしょうか。一般的なウェブ完結申し込みの流れを見てみましょう。
ここで紹介する流れはあくまで一般的な流れであり、カードローンによって実際の手続きの流れは異なるため、実際に申し込みをするときには、流れを確認してから申し込みをすることをおすすめします。

申し込みフォームに必要事項を入力

はじめにパソコンもしくはスマートフォンから、カードローン会社のウェブサイトにアクセス。申し込みフォームに必要項目を入力して、送信します。
必要項目は、氏名・住所・連絡先などの個人情報と、勤務先や年収、勤続年数、他社借り入れなどの信用情報です。
当然のことですが、虚偽の内容を入力して審査の段階で明らかになると、「信用ならない」と判断されて、審査に通らない可能性が高くなります。
中でも他社借り入れは、個人信用情報を確認すればすぐに真偽が明らかになるため、正しい内容を入力・提出することが欠かせません。

審査

申し込みで入力された情報にもとづいて、カードローン会社と保証会社が審査を進めます。通常の申し込みであれば審査結果は電話や郵送で通知されますが、ウェブ完結申し込みであればメールでの通知が主流です。
また、時間内の申し込みなら即日審査の対象ですが、時間外申し込みは即日審査の対象外となるため、申込時間には注意が必要です。
ウェブ完結申し込みであれば、審査完了後に本人確認書類などの必要書類を撮影した画像データを送付することで手続きの完了となります。

カード受取

キャッシュカードで借り入れできるカードローンであればすぐに借り入れできますが、カード発行が必要なカードローンだと、カードが届くまでの数日の間、借り入れすることができません。
急な出費でカードローンを利用するときには、借り入れまでの時間を考えてカードローンを選ぶ必要があります。

ウェブ完結申込対応のカードローン

最後に、代表的なウェブ完結申込対応のカードローンと、その特徴について見てみましょう。

カードローン「バンクイック」(三菱UFJ銀行)

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は三菱UFJ銀行の普通預金口座の口座開設済ならウェブ完結申込の利用に対応。
ローンカードの受け取りは、店舗設置の「テレビ窓口」でもできるので、本人確認書類さえ用意しておけば直ぐに利用することができます。

みずほ銀行カードローン(みずほ銀行)

銀行カードローンとしても代表的なみずほ銀行カードローンですが、ウェブ完結申込に対応していることでも知られています。
「キャッシュカード兼用型」を選べば手持ちのキャッシュカードでカードローンの借り入れ・返済ができるので、手続き完了後すぐに利用できるのが魅力。

SMBCモビット(三井住友銀行グループ SMBCモビット)

三井住友銀行グループのSMBCモビットが提供するカードローン「SMBCモビット」では、三井住友銀行か三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っていればウェブ完結申込に対応。
ウェブ完結申込の場合はカード発行なしの振込に対応しているので、申し込み・審査と手続きが完了すれば、直ぐに振込がおこなわる素早さが魅力。手持ちのキャッシュカードでも利用できるのも見逃せません。

おわりに

インターネットだけで申し込みができるウェブ完結申込は、忙しくて時間がない人や、カードローンの利用を家族や知人に知られたくない人に最適な申し込み方法です。
近年ではスマートフォンの普及によりより手軽にできるようになったことから、今後さらにウェブ完結申込でカードローンに申し込みをする人が増えることが予想されます。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP