カードローンの借入限度額引き上げの手順とポイント

限度額引き上げの手順とポイント

無担保・無保証人で利用できる手軽さが魅力のカードローンですが、その手軽さの反面、新規申し込みで設定される借入限度額は数十万円程度とあまり大きくありません。
カードローンでまとまった借り入れをするためには、一定の条件を満たした上で「増枠申請(限度額引き上げ)」の申し込み・審査を受ける必要があります。では、限度額引き上げのときにはどのような点に注意するとよいのでしょうか。
今回は、意外と知らないカードローンの限度額引き上げと、そのポイントを見てみましょう。

申し込み・審査でカードローンの限度額を引き上げられる

カードローンの限度額は、申し込み時点の職業や勤務形態、年収や、過去の融資の記録(信用情報)の内容によって大きく左右されます。しかし、新規申し込みではいきなりまとまった借り入れができることはまれで、最低限度の融資枠が設定されることがほとんどです。
数十万円を超えるまとまった借り入れが必要になったときには、増枠申請(限度額引き上げ)の手続きをすることで限度額を引き上げることができます。

限度額引き上げのメリット・デメリット

利用できる限度額が大きくなる

申し込みしたままの状態では借入限度額は数十万円程度とまとまった借り入れに向いていませんが、限度額引き上げの手続きをすることでまとまった借り入れができるようになります。
カードローンによって借入限度額の上限額(借入極度額)は変わりますが、一般に消費者金融カードローンであれば数百万円、銀行カードローンであれば1千万円を超えることもあります。

金利負担が低くなる

利用できる限度額が大きくなることと合わせて、金利負担が小さくなることもメリットの1つです。カードローンは借入限度額が大きくなるほど金利が引き下げられる逓減(ていげん)方式を導入しているため、借入限度額が大きくなるほど金利負担は小さくなります。
ただし、限度額一杯まで借り入れをしていて返済期間が長引けば、その期間に応じて金利が加算されるため、まとまった金額の借り入れ・返済はより計画的にすることが欠かせません。

限度額引き上げには新規申し込みと同様の審査が必要

返済負担を減らすためにも効果的な限度額引き上げですが、クレジットカードなどの限度額引き上げと異なり、利用していれば自動的に引き上げられるものではありません。限度額引き上げのためには、新規申し込みと同じように申し込み・審査を受ける必要があります。
限度額引き上げの審査でも、新規申し込みと同じポイントを重点的に審査する傾向があるようです。

限度額引き上げの審査を通過するための3つのポイント

その1:新規申し込み時点よりも収入が増えているか

カードローンに限らず、各種ローンやクレジットカードなど、お金のやり取りが関わる契約を結ぶときには、何よりも収入の有無が注目されます。
カードローンの借入限度額はさまざまな条件を参考に審査に基づいて決定されますが、その中でも職業や雇用形態、年収は特に注目されるポイントです。限度額引き上げの申し込みをする時点で新規申し込みよりも年収が上回っていると、それだけ返済能力に余裕があると判断されるため、限度額引き上げを確実にするためのポイントの1つと言えます。
特に、消費者金融カードローンは年収の一定金額を上回る貸し付けを禁止する「総量規制」の対象となるため、収入の多寡は直接限度額を左右する要素となります。

その2:信用情報に問題がないか

年収とあわせて重視されるポイントが、過去の利用履歴をまとめた「信用情報」に問題がないかという点です。カードローンを含む各種ローンやクレジットカードの申し込みから借り入れ・返済までの過去の一定期間の利用履歴は、利用者個人がどれだけ金銭面で信用できるかをあらわす「信用情報」として記録されています。
ローン会社やクレジットカード会社は、利用者が新規申し込みや利用条件の変更を申し込んできたときに、その利用者がどれだけ信用できるのかを知るため、信用情報を照会して確認しています。
全ての信用情報は一定期間記録されているため、仮に信用情報に何らかのトラブルがあったこと(事故情報)が記録されていれば、トラブルを起こした借り入れ以外にも影響があります。

その3:ある程度の契約期間がある

収入の増減や信用情報の内容と並んでポイントとなるのが、新規申し込みからある程度の(利用期間)契約期間があることです。
カードローンは無担保・無保証人で利用できる手軽な個人向け融資の一種ですが、信用を何よりも重視するカードローンでは、ある程度の契約期間と利用がないと、いくらそのほかの条件が良くても限度額引き上げは期待できません。
増額審査が通りやすくなるための契約期間の目安としては、おおよそ1年程度が目安と言われています。

おわりに

まとまった借り入れができるようになる限度額引き上げは返済負担を抑えるためにも魅力的ですが、限度額引き上げの審査を通るためには、収入増や問題のない信用情報、そして一定期間のトラブルのない利用がポイントとなります。
限度額引き上げの審査はカードローンの利用状況を把握しなおすための良い機会でもあります。自身の収入と借り入れのバランスを見直すためにも、一度申し込みをして損はないかもしれません。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP