ホーム >> 年末年始で見直したい!カードローンの返済のポイント

年末年始で見直したい!カードローンの返済のポイント

年末年始で見直したい!カードローンの返済のポイント

なにかと物入りな年末年始。計画的な支出で予算内に収めることが欠かせませんが、いざというときに頼りになるのが素早い審査・融資に対応していて必要なときにすぐに借り入れができるカードローンです。
今回は、年末年始のカードローンから借り入れをした人に対して、返済のポイントをおさらいしてみましょう。

カードローンごとに異なる金利差に注意する

カードローンによって大きく異なる返済利率

急な出費のときには落ち着いて比較・検討するヒマがないため、手軽に借りられる消費者金融カードローンは頼りになります。
しかし、消費者金融カードローンは手軽に借り入れできる反面、銀行カードローンと比べると借り入れ条件で不利であることは珍しくありません。カードローンに申し込みをするときには、限度額や実質年率などの借り入れ条件を十分に比較・検討する必要がありそうです。

金利面で不利な消費者金融カードローンの借り入れは避ける

このように消費者金融カードローンは銀行カードローンと比べると金利面で不利であることが多く、最終的な返済金額に大きく影響することは珍しくありません。利率で見るとわずか数%の違いですが、金額が大きくなり期間が長くなるほど、最終的な返済金額に大きく影響します。少額ならともかく、まとまった借り入れが必要なら銀行カードローンでの借り入れを優先して検討しましょう。

少額・短期間なら無利息期間のあるカードローンを探そう

しかし、消費者金融カードローンは無条件に排除するべきではありません。特に年末年始は少額・短期間の借り入れがメインになりますが、そのときには利率引き下げや無利息期間の設定があるカードローンを選ぶことで、返済金額を大きく減らすことができます。利率引き下げや無利息期間の設定といったサービスを提供しているのは消費者金融カードローンがほとんどであるため、これらのカードローンも検討対象に入ります。

計画的な利用を心がける

借りて返す「自転車操業」はNG

手軽に利用できるカードローンは、お金を借りているという意識が薄くなりがち。そのため、安易な借り入れを繰り返しているうちにカードローンで借りたお金でほかのカードローンの借り入れを返済する「自転車操業」におちいる人がいます。
一度この状態におちいると、ここから抜け出すのは簡単ではないので、カードローンは「お金を借りている」ことを意識して、計画的な利用が欠かせないといえます。

借り入れはできるだけ一カ所にまとめる

カードローンは必要最低限の金額で申し込みをするので、最初からまとまった金額の借り入れでなければ、まとまった金額を借り入れることは簡単ではありません。
しかしトラブルのない利用を続けていれば、手続きをすることで限度額を増額することもできます。限度額の増額を積極的に利用して、借り入れはできるだけ一カ所でまとめることで、返済の負担を小さくできます。

借り換えやおまとめローンを検討する

すでに複数の借り入れがあるなら借り換え

カードローンの借り入れはできるだけ一カ所にまとめることが大原則ですが、すでに複数の借り入れをしているときには、借り換えを検討しましょう。
すでに借り入れのあるカードローンのうち、限度額・利率の面でもっとも有利なカードローンを選び、そのカードローンの限度額の増枠した上で限度額一杯まで借り入れ、ほかのカードローンの借り入れの返済に充てることで、返済総額を圧縮します。

より有利に借り換えができる「おまとめローン」を検討する

すでに借り入れをしているカードローンの中で特に有利な借り入れ条件がなければ、借り換え専用の「おまとめローン」の利用を検討しましょう。
おまとめローンは限度額・利率ともに借り換えに特化した借り入れ条件のカードローンであり、他のカードローンと比べると有利に借り入れできます。

おわりに

何かと物入りな年末年始では、事前に支出の計画を立てていてもその予定通りに進むことはあまり期待できません。カードローンは手軽にお金を借りられるので頼りになりますが、安易な利用は思わぬ出費を招く原因にもなります。
ここまで見てきたようなポイントを踏まえて、計画的な利用でトラブルのない借り入れを実現することが欠かせないといえるでしょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP