知っておきたい返済方法の計算方法。【元利均等返済】の仕組み

知っておきたい返済方法の計算方法。【元利均等返済】の仕組み

カードローンを比較・検討する条件の一つである返済方法ですが、その違いが最終的な返済金額を大きく左右することは珍しくありません。
今回はいくつかある返済方法の中でも、元金と利息を合わせて毎月一定金額の返済を進める「元金均等返済」を見てみましょう。

毎回の返済額が変わらない「元利均等返済」

「元利均等返済」とは、毎回の返済額となる元金と利息の合計が、返済開始から決められた期間の終了まで変わらない返済方法です。
元利均等返済は毎回の返済額が一定であるため返済計画が立てやすいというメリットがあります。その反面、返済初期の返済金額に占める元金の割合が小さいことから最終的な返済金額が大きくなりがちというデメリットがあります。

元利均等返済と他の返済方法との比較

元金に利息を上乗せする「元金均等方式」との比較

元利均等方式と同様に一般的な返済方式の「元金均等返済」は、毎月一定金額の元金に利息を上乗せして返済する返済方法です。
元利均等返済と比べると最終的な返済金額が小さくなるというメリットがありますが、毎月の返済金額が変わるため、余裕をもった資金繰りが必要になるデメリットがあります。

関連:知っておきたい返済方法の違い。【元金均等返済】とは

借入残高をまとめて返済する「一括返済」との比較

元利均等返済や元金均等返済と並んで知られる返済方法が、返済時点での借入残高をまとめて返済する「一括返済」です。
一括返済を選ぶとその時点で返済が完了するため、返済金額がもっとも少ないものの、まとまった金額を用意する必要がある返済方法です。

元利均等方式の返済金額の求めかた

元利均等方式の返済金額の計算方法や毎回の返済金額がどの程度になるのでしょうか。50万円の借り入れで金利15%、毎月2万円を返済する条件で計算してみましょう。
利息の計算方法に関わらず、返済のときに発生する利息は、

  • 【借入金額(円)×金利(%)×借入期間(日数) = 利息】

となるので、この式に当てはめると、

  • 50万円×15%÷365日×30日 = 6,164円

となり、返済金額2万円から、利息の返済に充てられる6,164円を差し引いた1万3,836円が、元本の返済に充てられます。
2回目の返済のうち、利息に充てられる支払いは、

  • 48万6,164円×15%÷365(日)×30(日) = 5,993円

となり、返済金額2万円から、2回目の利息分となる5,993円を引いた1万4,007円が元金の返済に充てられます。
このように元利均等方式では、返済を重ねるごとに元金の返済に充てられる金額が増えるので、加速度的に返済が進むのが特徴です。

おわりに

元利均等方式は毎月の返済金額の負担が小さいものの、返済が長期化しやすいことから返済金額が大きくなりがち。少ない負担で返済を終えるためには、繰り上げ返済の併用などが欠かせません。
トラブルのない返済のためには、返済方法のメリット・デメリットを踏まえて、より有利な返済方法を採用するカードローンを選ぶことが重要といえるでしょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP