ホーム >> 急増するリボルビング払い(リボ払い)トラブルと対策は

急増するリボルビング払い(リボ払い)トラブルと対策は

急増するリボルビング払い(リボ払い)のトラブルとその対策は

近年利用する人が増えているクレジットカードやカードローンのリボルビング払い(リボ払い)ですが、そのリボ払いをめぐるトラブルが近年急増しています。
知らぬ間に高額の手数料負担が発生していることも珍しくないリボ払いは、カードローンとも深い関係がある支払い方法です。リボ払いが関わるトラブルと、カードローンの利用に対する影響を見てみましょう。

毎月の返済金額が一定の「リボルビング払い(リボ払い)」

そもそもリボルビング払い(リボ払い)とは、どのような支払い方法なのでしょうか。
クレジットカードの業界団体である「日本クレジット協会」のサイト内リボ払いに関するページを見てみると、

クレジットカードによる支払方法の1つであり、買物などによる債務の額(支払残高と言います。)に応じ、毎月の支払額(元本返済額と手数料額の合計)があらかじめ決められています。

と記されています。
リボ払いは1回払いや分割払い、ボーナス払いのように、返済残高と返済回数に返済金額が左右されず、毎月の負担が小さいのが特徴です。

実は大きいリボ払いの金利・手数料負担と急増する相談

このように便利なリボ払いですが、毎月の返済金額を越えた部分は翌月以降の返済に繰り越されるだけではなく、少なくない手数料も発生します。
リボ払いの手数料は契約内容によって異なりますが、おおむね15%程度が目安と言われ、返済残高と毎月の返済金額のバランスが取れていないと、最終的に返済不能になるケースも珍しくはありません。
このようなトラブルの原因として、

  • カード作成時に、すべてリボ払いになる項目に知らずにチェックを入れてしまう
  • リボ払い専用のカードだと気付かずに使う

というときに起きやすいという国民生活センターの調査結果もあります。

なぜリボ払いの人気は高いのか?

少なくない数のトラブル事例が報告されているリボ払いですが、毎月の返済金額を任意に設定できる負担感の小ささやさまざまな優遇キャンペーンにより、1回払いや分割払いと比べるとリボ払いのほうが有利に感じられる広告が盛んに出稿されています。
そのため、リボ払いのリスクを正しく認識することなく安易にリボ払いを申し込み・利用することでトラブルになるケースがあとをたたないのです。

国民生活センターに寄せられたリボ払いのトラブル事例

「国民生活の安定及び向上に寄与するため、総合的見地から国民生活に関する情報の提供及び調査研究を行うとともに、重要消費者紛争について法による解決のための手続を実施することを目的とする」組織である独立行政法人「国民生活センター」には、リボ払いによるトラブル事例が寄せられています。その代表的な事例を見てみましょう。

金融機関口座からデパートのクレジットカードの引き落としが毎月一定額あることに気づき、デパートに問い合わせると、5年前と3年前の車検代や買い物した際の代金約40万円分の支払いが今も続いていることがわかった。カードを利用するときには、いつも「翌月一括払い」と言っていたので、一括払いになっていると思っていたが、7年前にカードを契約した際、支払方法を「リボ払い」にしていたらしい。利用明細なども確認していなかったのは反省しているが、契約時にもっと分かるように説明をしてほしかった。(60歳代 女性)

カードローンの主な返済方法でもあるリボ払い

このようにさまざまなトラブルが報じられているリボ払いですが、実はカードローンと深い関係がある返済方法です。
カードローンの利用規約には、細かい部分こそ異なるものの、「事前に設定した一定金額を毎月返済し、借入残高と利息の返済に充てる」となっていることが多く、ほとんどのカードローンでは返済方法としてリボ払いを採用していることが分かります。
返済期間が長くなりがちなカードローンの返済総額を計算すると、条件次第では借り入れた金額の1.5倍から2倍になるケースもあります。

返済負担を小さくするためにはどのような方法がある?

リボ払いでも毎月の返済を進めれば完済できますが、その負担は小さなものではありません。できるだけ負担を小さくしつつ返済を進めるための方法を見てみましょう。

リボ払いの毎月の返済金額を大きくする

もっとも簡単な方法としては、毎月の返済金額を規約の金額より大きな金額に設定することがあります。
返済金額を大きくすれば早期の完済が期待できるものの、日常生活に支障がでない金額に設定することが安定した返済のためには欠かせません。

随時返済(繰り上げ返済)を利用する

毎月の返済金額を大きくする他には、余裕があるときに現金自動預払機(ATM)を利用して随時返済(繰り上げ返済)をすることも有効です。
繰り上げ返済は返済金額の全額が借入残高の返済に充てられるため、より早期の完済に大きく役立ちます。

おわりに

さまざまなトラブルが報じられているリボルビング払い(リボ払い)ですが、上手に利用することで負担の少ない返済方法とすることも難しいことではありません。
そのメリットとデメリットをキチンと把握した上で、トラブルなく利用できるよう計画的に利用することが欠かせません。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP