ホーム >> イギリスのEU離脱(ブレグジット)はカードローンに影響するか

イギリスのEU離脱(ブレグジット)はカードローンに影響するか

イギリスのEU離脱(ブレグジット)はカードローンに影響するか

世界の注目を集めたイギリスのEU離脱をめぐる国民投票が2016年6月23日におこなわれ、離脱支持が約1,653万票(約52%)に対して残留支持が約1,546万票(約48%)と、わずか約107万票差でイギリスのEU離脱が国民の総意として選ばれました。
これまで拡大の一途を辿ってきたEUからのはじめて加盟国の脱退、しかもEUでも主要な地位を占める国の離脱は、どのような影響を与えるのでしょうか。
今回は、今後の日本経済にも大きな影響があると言われている、イギリスのEU離脱の概要とその影響、カードローンへの影響について見てみましょう。

イギリスのEU離脱をめぐる国民投票と投開票と開票の流れ

イギリスのEU離脱による影響を見てみる前に、イギリスのEU離脱をめぐる国民投票とは何か、また投開票がおこなわれた2016年6月23日の流れを振りかえってみましょう。

イギリスのEU離脱とはなにか

「イギリス(Britain)」と「離脱(Exit)」を組み合わせた造語の「ブレグジット(Brexit)」として知られるイギリスのEU離脱は、欧州連合(EU)の有力な構成国であるイギリスがEU離脱の意志を示したことからはじめる一連の騒動です。
ブレグジットは東欧諸国からの移民の増加をきっかけに、労働者層を中心に盛りあがり、離脱派市民による、残留派の国会議員の刺殺事件を引き起こすほど激化しました。

23日の投開票中の主なトピック

イギリスとEUの関係に一石を投じたブレグジットは、2016年6月23日の投開票ではどのような経過をたどったのでしょうか。
時事通信の配信記事から引用して見てみましょう。

イギリスの欧州連合(EU)残留か離脱かを決める国民投票が23日、全国約4万1千カ所の投票所で始まった。結果は予断を許さないが、戦後続いてきた欧州統合の行方に大きな影響を及ぼす歴史的な判断となる。

引用:英国民投票始まる=EU残留か離脱か、歴史的判断へ

イギリスの欧州連合(EU)残留か離脱かを問う国民投票は、23日午後10時(日本時間24日午前6時)から全国382カ所の開票所で開票作業が行われ、BBC放送によれば、離脱支持票が僅差で残留支持を上回り、過半数に達する見通しとなった。

引用:イギリス、EU離脱へ=欧州分裂、大きな岐路に-残留派に僅差で勝利・国民投票

イギリスの欧州連合(EU)離脱か残留かを問う国民投票の開票は24日午前(日本時間同午後)、382カ所の開票所で行われた集計作業がほぼ終了し、離脱支持票が過半数に達した。残留支持派を小差で抑え「EU離脱」が確定した。

引用:英、EU離脱が確定=過半数に達する-国民投票
このように、残留派が優勢とされた直前までの事前予想をくつがえし、約107万票差で離脱を求める離脱派が多数を占め、イギリスはEU離脱に向けて本格的に動きだすこととなりました。

ブレグジットの実現とカードローンにもたらす影響とは

今後の国際関係に大きな影響を及ぼすことが予想されているブレグジットは、カードローンの借り入れにどのような影響が予想されるでしょうか。

銀行の業績悪化懸念と銀行系カードローンのサービス内容引き下げ

既に為替・株式に大きな影響を及ぼしているブレグジットのもっとも大きな影響が予想されるのが、銀行や証券会社に代表される金融セクターです。
イギリスはロンドン・シティを中心とする世界最大規模の金融取引市場を持ち、ブレグジットによるイギリスの信任低下は、ロンドン・シティに悪影響を与える可能性は大きいといえます。
そうなれば欧米の投資銀行を抜いて世界最大級の資産規模を持ち、国内市場の縮小による海外進出を本格化させているメガバンクへの業績を直撃する可能性は否定できません。
国内では企業融資よりも個人向け融資に軸足を移している昨今、銀行の業績悪化は銀行系カードローンのサービス内容の引き下げを招くことは否定できません。

日本経済の減速とカードローンのサービス内容の引き下げ

ブレグジットが現実のものとなれば、グローバル化による経済の一体化が進んでいる世界経済に一石を投じただけではなく、リーマン・ショック以降相次ぐ経済危機により減速気味の世界経済にさらに打撃を与えることも予想されます。
特に製造業の海外進出が進んでいる日本経済は外需に頼る部分が大きく、世界経済の減速が経済の成長に大きく影響することとなります。
既にアベノミクスとして打ちだされた金融緩和の効果も薄れつつある現在、世界経済の減速は日本経済により大きな影響を与えて、個人向け金融サービスの引き下げを招く可能性があります。

 借入限度額
(円)
最小実質年率(%)最大実質年率(%)
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」アイキャッチ
バンクイック
(三菱東京UFJ銀行)
5,000,0001.8014.60
三井住友銀行カードローン(三井住友銀行)アイキャッチ
三井住友銀行カードローン
(三井住友銀行)
8,000,0004.0014.50
みずほ銀行カードローン
(みずほ銀行)
8,000,0002.0014.00

ブレグジットはカードローンに影響するのか

気になるのは、ブレグジットは本当に上記のような影響をカードローンに対して与えるのかという点です。
ここまで述べてきた内容そのものはかなり極端であり、この内容がそのまま実現する可能性は極めて低いものの、その動向によってはカードローンに何らかの影響があることは否定できません。

おわりに

為替・株式に既に大きな影響を与えているブレグジットは、今後の動向次第では世界経済・日本経済に大きな影響を与えることが予想され、その動向が注目されます。
ブレグジットが直接カードローンに何らかの影響を及ぼすことは考えにくいですが、用心するにこしたことはないでしょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP