カードローンの比較ポイント:素早い借り入れができるか

カードローンを借りるときの比較ポイント:素早い借り入れができるか

さまざまな魅力があるカードローンですが、その中でももっとも大きなメリットといえるのが最短即日審査・即日融資のような素早い審査・借り入れができる点です。しかし、素早い審査・借り入れのためには、カードローンについていくつか知っておきたいポイントがあります。
今回は、カードローンで素早く審査・借り入れをするときに気を付けたいポイントがどのようなものかを見てみましょう。

無担保・無保証人で申し込めるから審査が早いカードローン

フリーローンだから申し込み時には無担保・無保証人

自動車や住宅の購入など、借り入れた資金の使いみちがある程度限定されている目的別ローンとは異なり、カードローンは事業性資金など一部の目的を除くさまざまな用途に利用できるフリーローンの一種です。
目的別ローンでは必要な保証人や担保を用意せずに申し込めるため、素早い審査・借り入れが期待できます。

必要なのは個人情報と収入証明、信用情報だけ

カードローンの申し込みに必要なのは、申し込み時に提出する氏名・年齢・住所・職業などの個人情報と、どの程度の年収があるかを公的に証明する収入証明です。このほかにカードローン側が用意するものとして、過去のさまざまな借り入れをまとめた「信用情報」を参考に融資の可否や限度額を決定します。

カードローンによってサービス内容は違う

最短即日審査・即日融資に対応している消費者金融カードローン

目的別ローンと比べると手軽に申し込みをできる印象が強いカードローンですが、サービスを提供している会社によって借り入れまでの早さが異なることはあまり意識されていません。
カードローンを提供しているのは大きく消費者金融と銀行に分けられますが、一般的に消費者金融カードローンは最短即日審査・即日融資に対応していることが珍しくないため、平日日中の申し込みならその日のうちに借り入れをすることが期待できます。

審査が厳しくなった銀行カードローン

個人向け融資の強化により一時期は銀行カードローンでも最短即日審査・即日融資に対応していることが珍しくありませんでした。しかし、近年では審査の厳格化が進み、ほとんどの銀行カードローンでは最短即日審査・即日融資を提供を取りやめています。

素早く借り入れをするためのポイント

事前に必要書類をそろえる

最短即日審査・即日融資に対応しているとは言え、必要書類がそろっていなければ審査を止めて書類の提出を求めることとなり、その間の審査はストップすることとなります。
素早い借り入れ・審査のためには、申し込み時点で必要な書類をキチンとそろえることが欠かせません。

消費者金融カードローンに優先して申し込む

カードローンの中でも特に利便性を重視する消費者金融カードローンは、銀行カードローンが最短即日審査・即日融資を取りやめたあとも即日審査・即日融資に対応しているケースが少なくありません。
急な借り入れが必要なときには、消費者金融カードローンへの申し込みを優先することで、より素早い借り入れが期待できます。

契約済みのカードローンがあるならそちらを使う

このように申し込み時にいくつかのポイントに注意することで、特に消費者金融カードローンで素早い借り入れが期待できますが、その前に借り入れを完済したけど解約していないカードローンがないかを確認してみましょう。
完済時点で契約が完了したと思いがちなカードローンですが、実際には解約手続きをするまで契約が続いていることがほとんど。完済しただけのカードローンがあると、新しいカードローンを申し込むときに総量規制の対象になるなどのリスクがありますが、急な借り入れが必要になったときにすぐ借り入れできるので、その点では頼りになります。
急な出費でカードローンの借り入れがいるときには、財布の中に契約済みのカードローンが眠っていないかを確認してみましょう。

おわりに

最短即日審査・即日融資で借り入れができることが大きく注目されるカードローンですが、実際に即日審査・即日融資での借り入れを受けるためにはいくつかのポイントがあります。
素早い借り入れが必要なときには、それらのポイントを踏まえて申し込みをすることで、より早く借り入れを受けることが期待できます。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP