ホーム >> どちらが便利?カードローンとキャッシングを徹底比較

どちらが便利?カードローンとキャッシングを徹底比較

カードローンとキャッシングではどちらが便利か_アイキャッチ

個人向け融資商品はクレジットカードのキャッシングやカードローンをはじめとしてさまざまなものがあります。
クレジットカードのキャッシングやカードローン同じ個人向け融資商品ですが微妙に性格が異なり、違いを把握して利用しないと知らぬ間に大きな負債を抱えることにもなりかねません。
今回はクレジットカードのキャッシングとカードローンの特徴とメリット・デメリットを比較して、最適な利用方法を見てみましょう。

カードローン(CL)とキャッシングの特徴とは

カードローンとキャッシングの利便性について見てみる前に、まずは特徴とメリット・デメリットを見てみましょう。

カードローン(CL)の特徴

カードローンとは借り入れた資金の使いみちを限定しない「フリーローン」の一種であり、申し込み・審査によって付与される融資枠内であれば何度でも借り入れ・返済できる個人向け融資商品です。
借り入れ条件はサービスを提供している消費者金融や信販会社、銀行で異なりますが、一般的に限度額は数百万円から1千万円程度、実質年率は借入額に応じて数%から18%に設定されています。

カードローンの返済方法では主にリボルビング払いが採用され、リボルビング払いに元利均等返済や元金均等返済、残高スライドなどと組みあわせた返済方法が設定されています。
返済で覚えておきたいポイントとして、一般的に借入額が小さいと金利が高くなり、反対に借入額が大きいと金利が小さくなる点があげられます。

カードローンのメリット・デメリット

カードローンのメリットとして、数万円程度の少額の借り入れから数百万円から1千万円までの借り入れに対応していて、お金の使いかたの自由度が極めて高いことがあげられます。
また、返済条件も最低限の条件を満たせば任意の条件での返済に対応しているので、少ない負担で借り入れ・返済できるのも見逃せないポイントです。

このようなメリットがあるカードローンですが、いくつかのデメリットがあります。
デメリットの中で代表的なものとしては、過去の借り入れ・返済実績によっては借り入れが受けられないことがあげられます。
この他にも返済方法が基本的にリボ払いに限られ、返済条件によっては借り入れた金額と利息を合わせた返済総額がとても大きくなることがあげられます。

キャッシングの特徴とは

キャッシングは短期間の借り入れ・返済に対応した、個人向けの小口融資のことを指し、もっとも身近なキャッシングとしてクレジットカードのキャッシングがあります。
クレジットカードのキャッシングは外国人旅行者向けのトラベラーズチェックから発展したものです。

キャッシングのメリット・デメリット

キャッシングのメリットとしては、申し込み・設定をすることで即座に申し込んだ金額が口座に振り込まれるそのスピードにあります。
また、返済方法についてもクレジットカードの契約口座からの引き落としが前提であり、返済を忘れる心配がないのもメリットです。

このように便利なキャッシングですが、クレジットカードの数ある機能の中の一つに過ぎず、利用枠はショッピング枠と比べると限定された金額にとどまります。
返済条件も比較的自由度が高いものの、返済利率が10数%とかなり高い利率であり、安易な借り入れが大きな負債の元になる可能性はかなり大きいといえます。

カードローンとキャッシングではどちらが便利?

ここまで見てきたように個人向け融資商品であるカードローンとキャッシングは、借り入れ・返済条件をはじめとして、細かいところでかなり異なります。
そのため、どちらから借り入れるのがより有利になるのかはその時々によって異なります。

数万円~数十万円程度の借り入れの場合はキャッシングが便利

数万円から数十万円程度の少額の借り入れであれば、カードローンよりもキャッシングのほうが有利な場合がほとんどです。
借入額に応じて利率が変動するカードローンは少額の借り入れほど利率が高く、多額の借り入れほど利率が低くなります。
これに対してキャッシングは基本的に固定利率であるため、少額の借り入れではキャッシングのほうが利率で有利になることがほとんどです。

数万円~数百万円程度の借り入れの場合はカードローンが便利

数十万円から数百万円程度の借り入れとなると利率や借り入れできる金額などのさまざまな条件が影響してくるため、どちらが有利とは一概には言えません。
しかしキャッシングの限度額が百万円を超えることは珍しく、これを上回る借り入れの場合はカードローンを選ぶことになります。

数百万円以上の借り入れの場合はカードローンしか選択肢がない

数百万円以上の借り入れの場合、そもそもキャッシングの借入限度額を超えるのでカードローンしか選択肢がなくなります。
ただし、同じカードローンでも借り入れ・返済条件はサービスの提供会社によって大きく異なり、申し込むカードローンは慎重に検討する必要があります。

おわりに

このように個人向け融資商品として設定されているカードローンとキャッシングは商品としての性格は似ています。
しかしキャッシングと比べるとカードローンのほうが自由度は高く、使い勝手が良いことは覚えておきたいポイントです。自身が借り入れをする金額や返済のめどを事前にしっかり確認しておきましょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP