ホーム >> 銀行カードローンの即日審査・融資見直しと借り入れのポイント

銀行カードローンの即日審査・融資見直しと借り入れのポイント

銀行カードローンの即日審査・即日融資見直しと借り入れのポイント

国内銀行が提供するカードローンをはじめとする個人向けの新規融資に関して、原則として即日融資を取りやめる方針であると報じられました。
また、銀行の監督官庁である金融庁がメガバンク3行を対象にカードローンの審査・融資に関する立ち入り検査に入るなど、銀行カードローンをめぐる状況は日々厳しくなっています。
銀行カードローンを申し込むときには、どのような点に気をつければよいのか、今回はカードローンの申し込み・審査の流れと合わせて見てみましょう。

即日審査・即日融資の見直しに動く銀行カードローン

2018年1月をめどに、銀行が銀行カードローンに代表される個人向け融資の即日審査・即日融資を取りやめる見通しと報じられました。暴力団員などの反社会的勢力との取引排除を徹底するためと報じられていますが、銀行カードローンの審査・融資が厳しくなっていることも原因の一つと考えられます。
導入されるのは、新規融資の申し込みを受けたときに、預金保険機構を通じて警察のデータベースに接続して反社会的勢力に関係がないかを確認する仕組み。この仕組みが本格的に導入されれば、審査期間は現在の最短即日から数日ほどかかることが予想されます。

カードローンの申し込みから融資の流れ

カードローンの大きな魅力である最短即日審査・即日融資が銀行カードローンではできなくなるのは、カードローンに利用に大きなマイナスとなります。では、できるだけ早く借り入れをするためにはどのような点に気をつける必要があるのでしょうか。それを知るためには、現在のカードローンの申し込みから融資までの流れを踏まえて、ポイントを抑えた申し込みをすることが欠かせません。
カードローンの申し込みから融資までの大まかな流れを見てみましょう。

申し込み・仮審査

融資商品であるカードローンは、あくまで利用者から金融機関に対して申し込みをすることで審査がはじまります。
カードローンの申込方法はさまざまなものがあり、店舗窓口や電話、FAXなどがありますが、もっとも一般的な申込方法はインターネットでの申し込みです。
従来はインターネット申し込みでも本審査の時点で店舗での手続きが必要でしたが、近年では手続きがインターネット上で完結する「ウェブ完結申込」が登場するなど、より手軽になっています。
申込後の審査は「仮審査」と呼ばれ、コンピューターが申込内容とカードローン会社が保存している無数の利用状況を照らし合わせて、自動で融資の可否を決定します。

在籍確認

仮審査を通過すると、申込内容のうち職業に関する内容が正しいかを知るために職場に対して「在籍確認」がおこなわれます。在籍確認ではカードローン会社からの電話であることを伏せながら、申込者が本当に働いているかを電話で確認します。

本審査・融資

在籍確認を通過すれば、いよいよ「本審査」を残すだけです。本審査では担当者が1件1件の内容を審査して、融資の対象となるかを判断します。本審査を無事に通過すれば借り入れできるようになります。

カードローンに申し込むときの注意点

仮審査・在籍確認・本審査の3段階を通過することで借り入れできるカードローンですが、より確実に審査を通過するためには、申し込み時点でどのような点に注意すれば良いのでしょうか。そのポイントを見てみましょう。

即日審査・即日融資は難しい

これまでカードローンの魅力といえば、最短即日審査・即日融資で素早く借りられる点にありました。しかし、銀行は2017年2月の申し合わせをきっかけに審査を厳しくするようになり、消費者金融もいつまでこの体制を維持するかわかりません。
新規申し込みであれば、これまでのように手軽に借り入れをすることは今後難しくなることが予想されます。カードローンに申し込みをするときには、ある程度の余裕を持たせる必要がありそうです。

借り入れ・返済にトラブルがあると難しい

カードローンの審査では、申込者の過去の借り入れ・返済の状況をまとめた「個人信用情報」の内容が大きく影響します。借り入れ・返済に問題がなければ審査にも影響はありませんが、何らかのトラブルがあると審査に通ることは極めて難しくなります。
個人信用情報は所定の手続きを取ることで自分でも確認できるので、トラブルに心当たりのある人は、申し込みをする前に確認するとよいでしょう。

既に借り入れがあるときも難しい

既に借り入れがあるカードローンがある場合、その借り入れを返済しないうちに新たに別のカードローンに申し込みをすることは「複数申し込み」と呼ばれ、審査には通りにくくなります。
既に借り入れがあるときには、限度額の増額や返済の繰り上げなど、できるだけ借り入れを一本化するのが基本となります。

確実な借り入れのためには対応は迅速・確実に

より早く借り入れをするためには、審査を迅速・確実にする必要があります。そのためには、

  • 申し込み時点で必要な書類は全てそろえておく
  • 申込書類に誤りがないようにする
  • 銀行・消費者金融からの問い合わせには素早く回答する

などの基本が重要になります。

おわりに

2017年2月の申し合わせ以降、銀行カードローンを取り巻く環境は厳しさを増し、利用者にとってもマイナスとなる状況が続いています。
カードローンに申し込みをするときには、これまでのように即日で審査・融資ができるとは思わず、ある程度の余裕を持った上で準備をして申し込みをすることが求められることになりそうです。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP